久々の書評「Steve Jobs」を遅ればせながら読みました。

そもそも、今頃になって、読んだきっかけは?

2005年にスタンフォード大学で行われた有名な卒業式でのスピーチ。オンライン英会話の教材として、最初から最後まで文章を読んでみたら、とても感動する内容でした。

オンライン英会話のインストラクターも、一文一文に何かを感じる箇所があるみたいで、

「この教材を選んでくれてありがとう。有名なスピーチということで知っていたけど、ちゃんと読んだのは初めて。とても感動したわ」

という人が多かったです。

このことをきっかけに、Steves Jobsという人をもっと知りたいと思い、自叙伝でもある「Steve Jobs」をダウンロードすることにしました。

上下本の長い本ですが、kindleの読み上げ機能を利用し、通勤の途中に聞き読(聞きながら読書をする)をしました。

熱量の塊のような人だったんですね。

「情熱」的な天才。最近、私の好きな表現で言うところの「熱量」の塊のような人で、その「熱」が体から、毛穴から溢れ出ていたような人だったんですね。

「美しさ」に貪欲で、決して妥協することのなかった人。それゆえ、「受け入れられないもの」を徹底的に拒絶してきた人。だからクールダウンするために、「禅」のような静的な教えに共感したのかな?

何に感動したかって、Steve Jobsが命を削りながら追及した

「世の中を変えていくんだ!」

という想いを実際にMacやiPhone、iPadという形にして、我々の生活を劇的に変えてしまった「有言実行」な行動力に感動しました。

本を読む前と後では、Mac製品への愛着度が断然変わりました。あー、Apple製品が好きだという人たちは、生前のSteve Jobsの生き方に共感してたんだーと思うと、もっとその良さに早く気が付くべきだったーと悔しい思いをしてしまいました。

ちなみに、私も多いに利用しているiPhoneの角の丸み。このあたりにも一切の妥協を許さずに、Steve Jobsがこだわった形状なんだそうです。そういうことを知ると、心を込めて角を撫でたくなりますよね。

鏡に映る自分に、問いかけるようにします。

スタンフォード大学でのスピーチの中で、私が一番大好きな文。

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

17歳のとき次のような一節を読んだ。「毎日を人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずその通りになる」。それは印象に残り、それ以来33年間毎朝鏡を見て自問している。「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」。そしてその答えがいいえであることが長く続きすぎるたびに、私は何かを変える必要を悟った。

さてさて、今日も鏡に映る自分に問いかけましょう。

「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」

ん?答えが「いいえ」じゃないの?。ということは、「何か」を変える必要があるのでは? そう、「変えたい」のです。さて、今日もその「何か」を変えるために、自分のできる行動を起こしていくぞー。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年参加予定:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2018年は5カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow