シドニーでの初Airbnb宿泊。ほろ苦いデビューとなりました。

感想は・・・

ちゃんと物件の紹介文を読みましょう。

ロケーション中心に選んだ今回のAirbnb。相変わらず、ドタバタな中で、ロケーション重視で決めたもので、ちゃんと物件の紹介文を読まずに決めてしまいました。

シドニーに到着し、Airbnb の部屋でいざ寝ようと思っていた夜11時頃に、入り口のドアがギギギーと開きました。入り口近くのリビングで寝る予定で準備していた旦那が悲鳴。

何事かと思いベッドルームから駆けつけると、鍵を開けて侵入しようとする男性。

私「今晩、私たちが滞在予定なのよ」

男性「僕もここに住んでいるのよ」

私「へ?部屋なさそうだけど・・・」

なんと、リビングの壁裏に部屋があったのです。

男性「僕はここでシェアハウスしているものです。ホストのMattから聞いてない?」

そういえば、ホストのMattさんが「シェアハウスだから、1人が夜の11時くらいに帰ってくるから」とは言ってたな・・・。

そう。シェアハウスって、このアパート全体のこと言ってるのでは無く、この狭いお部屋に、なんと!もう1人住人がいるよ!と言う意味だったようです。

「お隣さんが11時に帰ってくる」とホストのMattさんが言ったのでは無く、「ルームメイトが11時に帰ってくる」と言ったのでした。

勘違いとは怖いものです。

ということで、見知らぬ住人と、日本から来た夫婦が一つ屋根の下、一晩を過ごすことになりました。

シェアルームに全く慣れていない旦那としては、見知らぬ人と過ごすことに抵抗があったようで、ごねてましたが、既に夜中近かったので、さっさと寝てもらいました。

写真は3倍盛ってある

やっぱり、写真は3倍盛りでした。お部屋は勝手な期待感から、めっちゃ大きな高級アパートメントを想像してましたが、現実は、ロケーションの良い、狭いアパートでした。

くつろぎよりもコスパ重視向けですね。

ホストのMattさんが、面白いことに潔癖症なくらいに、「checking」しにやたらと部屋に来ました。

12:00のチェックイン時に、まだ掃除が終わらなくて・・・と汗だくになって掃除をしていたMattさん。

部屋に滞在しては申し訳ないと思い、観光しに外に出て、早めの食事を済ませて20:00頃に部屋に戻るも、まだ!!「checking」と部屋に居座っていたMattさん。

さらにその後も「checking」(何をcheckingしてるのかは不明 (笑))と言いつつ、20分程滞在していました。

深夜便で早朝にシドニーに到着したので、早く大の字になって寝たいのに、ウロウロされるとちょっと落ち着かないかもーというのが本音。

なので、くつろぎよりもコスパ重視する方にお薦めなのがAirbnbなのですね。

と言いながら、我が家のAirbnbも、ここで宣伝させてもらいます。

ぜひ札幌にお越しの際は、ご利用下さいませませ。

写真が3倍盛り以外は、ルームメイトはおりませんし、私が「checking 」と言って押しかけることはありませんのでご安心を!

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)