所変われば、対応も変わる ー クレジットカードのPINコード入力編

  • ブックマーク
  • Feedly

3月にニュージーランド。5月にオーストラリアと、最近の旅行はオセアニア中心でした。「クレジットカードのPINコード入力」の違いについて、気がつくことがあったので書いてみることにしました。

最近、日本でもPINコードを入力して使うこんな感じのクレジットカードリーダーが増えてきましたよね。

私がよく行くスーパー「九州屋」では、店員への社員教育でそうなっているのか、お客様がPINコード入力時は、頭を下げて

「決して私、あなたのPINコード見てませんよ」

な対応をします。そんなことに慣れてしまっている私も、PINコード入力時は、誰にも見られるものか!とばかりに、持っている長財布でガッツリ隠して入力してました。

所変わってニュージーランド。現金を使っている人をあまり見かけずに、多くの方がクレジットカード決済をしてました。

が、PINコードの入力なんて開けっぴろげ!隠して入力なんてだーーーれもしてない。後ろに並んでいる私が、じーーーっと見ててもきにしなーいって感じ。

おおらかな国ゆえなの?それとも日本人の私たちが過敏に反応し過ぎなの?

ちなみにニュージーランドもオーストラリアも、クレジットカードのリーダーへの挿入も抜き取りも自分でやってね〜という感じでした。

ぼーーっとクレジットカードを渡されるのを待ってると、

「Remove the card!」(処理終わったから、カードぬいて!)

なーんて言われる始末。

ちなみにレシートも言えばくれるし、言わなければくれません。また場所によってはペーパーレスの意図なのか、あなたのメールアドレス入れてーなんて言われて、メール送付されたりします。

所変われば、対応も変わる。旅は発見の連続です。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow