所変われば、対応も変わる ー クレジットカードのPINコード入力編

  • ブックマーク
  • Feedly

3月にニュージーランド。5月にオーストラリアと、最近の旅行はオセアニア中心でした。「クレジットカードのPINコード入力」の違いについて、気がつくことがあったので書いてみることにしました。

最近、日本でもPINコードを入力して使うこんな感じのクレジットカードリーダーが増えてきましたよね。

私がよく行くスーパー「九州屋」では、店員への社員教育でそうなっているのか、お客様がPINコード入力時は、頭を下げて

「決して私、あなたのPINコード見てませんよ」

な対応をします。そんなことに慣れてしまっている私も、PINコード入力時は、誰にも見られるものか!とばかりに、持っている長財布でガッツリ隠して入力してました。

所変わってニュージーランド。現金を使っている人をあまり見かけずに、多くの方がクレジットカード決済をしてました。

が、PINコードの入力なんて開けっぴろげ!隠して入力なんてだーーーれもしてない。後ろに並んでいる私が、じーーーっと見ててもきにしなーいって感じ。

おおらかな国ゆえなの?それとも日本人の私たちが過敏に反応し過ぎなの?

ちなみにニュージーランドもオーストラリアも、クレジットカードのリーダーへの挿入も抜き取りも自分でやってね〜という感じでした。

ぼーーっとクレジットカードを渡されるのを待ってると、

「Remove the card!」(処理終わったから、カードぬいて!)

なーんて言われる始末。

ちなみにレシートも言えばくれるし、言わなければくれません。また場所によってはペーパーレスの意図なのか、あなたのメールアドレス入れてーなんて言われて、メール送付されたりします。

所変われば、対応も変わる。旅は発見の連続です。

メルマガ登録はこちら

無料メルマガです!eBay英語がわかります!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

働く女性の生産性を上げる専門家・みぽりんです。

外資系企業で、バリバリ働く現役会社員です。
忙しく本業をするかたわら、副業も2年続けています。

本業と副業の時間的両立に四苦八苦していたときに、

集中して、生産性を上げる「時間術」

を取り入れてみたところ、副業2年目にして、売上250万円を突破!

副業や、資格試験取得、先延ばし対策にも有効な、

25分集中して、5分休憩する、
イタリア生まれの時間術「ポモドーロ時間術」

本には書かれていない、考案者直伝の
ノウハウを広める活動を、セミナーを通して行なっています。