ポモドーロテクニック【時間術】 25分集中+5分休憩の前後が実は大事!

  • ブックマーク
  • Feedly

私が、複業を始めるようになって、毎日欠かさず使っている「ポモドーロテクニック時間術」。

最近では、

Daigo 著 『超自分を操る超集中力

樺沢紫苑著『神時間術

の本の中で紹介もされているので、

かなり、耳にする時間術になってきました。

が、まだまだ

友人

イタリアンレストランの名前なの?

と聞かれることも、ちょいちょい、あります(笑)

ということで、「ポモドーロテクニック」ってどんな時間術かを

紹介してみたいと思います。

ポモドーロテクニックってどんな時間術?

それは・・・

みぽりん

ズバリ!25分集中➕5分休憩のシンプルな時間術です。

考案者はこの方↓

イタリア人のフランチェスコ・シリロ氏。

1987年、イタリアのストリという古い町で、当時大学生だった

シリロ氏が、偶然にも考案(その当時は、考案!とも思わなかったようです)

した時間管理術です。

背景はこんな感じ。

大事な試験前・・・

課題本3冊、読まなくては・・・

でも、気持ちが焦って、

集中できない・・・

と、試験前の、学生あるある

の焦燥した気持の中で、

集中するために巻いてみた、

ポモドーロ(トマト型のキッチンタイマー)のゼンマイ。

その時にセットした時間は、

たったの2分

でもその時に、シリロ氏は、たったの2分の間に、

落ち着き自己コントロール

意識を取り戻せる!

という感覚をつかんだそうです。

それをきっかけに、落ち着きを取り戻し、

集中して課題本の読書をこなし、なんとか、

試験の合格点を取得。

そこから始まった、

長い長い「ポモドーロ現象」探求の道。

* なぜ、ポモドーロは効果があったのか?

* ポモドーロの最適な長さは?

* 1日にできるポモドーロの回数は?

* ポモドーロ間の休憩の長さは?

なんと!それから、31年もの長きの追求の結果、

導いたのが、この

25分 集中+ 5分休憩

という「ポモドーロテクニック」

なんだそうです。

ちなみに、その時に使ったタイマーがこれ↓

ポモドーロとは、イタリア語で「トマト」の意味で、

実際に使ったトマト型のキッチンタイマーが、この

時間術の由来となってます。

実は「25分 集中+ 5分休憩」よりも、その前後がめっちゃ大事

ポモドーロテクニック = 25分集中+5分休憩のテクニック

ばかりが一人歩きしてしまってますが、実は、その前後の作業が、

「25分 集中+ 5分休憩」よりももっと大事!と私は思ってます。

1日の始めにする作業

  1. 仕事の在庫シートを作成する
  2. 仕事の在庫シート内の各タスク(作業)が、何ポモドーロを要するのかを予測する。その結果、1日でできる全体の作業の予測ができる。ちなみにポモドーロとは25分集中➕5分休憩の1単位のことです。
  3. 優先順位をつけて、まずは1つのタスク(作業)を選ぶ。

25分集中➕5分休憩を繰り返す。

休憩時間は、必ずしも5分である必要はなく、

体調に合わせて短くも長くも調整可能です。

1日の終わりにする作業

1日の終わりに、「見直し」の時間の1ポモドーロを取り、予測時間 vs. 実際の時間を比較し、予測通りにいった点、いかなかった点とそれぞれの要因を検証し、次の日のきたるポモドーロに活かす。

まとめ

25分集中+5分休憩のテクニックばかりに目がいきそうですが、実は、

1日の始めにする

在庫のリスト作成 → 今日やることの把握

1日の終わりにする

予測時間 vs. 実際時間の比較 → 予測精度の確認と要因分析

が実は、めっちゃ大事なんだよ〜!ということを、考案者のフランチェスコ・シリロ氏が直々に教えてくれる「ポモドーロテクニック認定トレーナー」養成講座で学んだのでした。

そのときの様子がこれ⬇︎

ご興味のある方は、ぜひ、フランチェスコ・シリロ氏の本『どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門』を読んでみてくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

自分らしい生き方をする時間を渇望している方に、集中力と生産性をあげてくれるポモドーロテクニックの時間術をこれからも紹介していきます。

メルマガ登録はこちら

無料メルマガです!eBay英語がわかります!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

外資系勤務20年。英語でやりとりした外国人の数、延べ2,000人以上。

その経験を活かして、「英語ができない!でも、約1.8億人の市場で海外取引ができる」を応援する!eBay英語コンサルタントを始めました。

2021年からは、本格的に、ブログやメルマガを通して、eBayで使える
英語の情報発信をしていきたいと思います。