「縁の下のジャンヌダルク」を目指そうと思いました。

会社で「Insights Discovery Personal Profile」 なる調査を受けさせられました。20分くらいのテストで直感で応えるもの。以前、受けたことのある「ストレングスファインダー」のような感じでした。

insights

 

Insights Discovery Personal Profileは、スイスの心理学者・カール・グスタフ・ユングのタイプ論を用いて、自己理解と成長のためのフレームワークを提供してくれるもののようです。

「縁の下の力持ち」タイプ。

結果が送られてきたーーー!どれどれ・・・・

Insights
みぽりんさんは、「気持ちよく人助けができ、相手への共感や奉仕が必要な実務的な仕事をこなす「縁の下の力持ち」的役割を果たすことができます

確かに、今までのキャリアを考えてても、「秘書業」長いし、サポート的な仕事って好きだなぁ〜と思ってたけど・・・・。でもねでもね、最近、ちょっとだけ、ジャンヌダルク的な、

「FOLLOW ME!!!!!  (あたいに、ついてきなぁ〜)」

な、ちょっと「尖った」リーダーシップのある人に憧れていたんだよね・・・・。

やっぱり、それって無いものねだりね。

そういう自分にない他人の強みに憧れることを、私の大好きな、ストレングスファインダーのコーチを務められている・森川里美さんは、「象さんのレース編み」という面白い表現で、笑い飛ばしてしまってます。

象さんには、立派な長〜い鼻があるのに、レース編みもできない器用で繊細な手が無いことに落ち込んでいる。

どうして私は、お猿さんのように器用にレース編みが出来ないの????

シクシク・・・・と。象さんは器用にレース編みが出来なくたって、お猿さんが持っていない長〜い鼻を活かすことを考えるべきよ!!!たくさんの水を汲むことなんて、長〜い鼻を持ってないお猿さんには無理なことなんだから!

というとってもわかりやすく、大好きな比喩表現です。

よし、目指すは「縁の下のジャンヌダルクだーーー!」(笑)

そう!私には「尖った」リーダーシップが無くても、「縁の下」で大好きな人たちをサポートできる能力があるじゃないか!!!!

そうだ!縁の下のジャンヌダルクを目指そうではないか!

と前向きに考えました。だって、悩んだところで、「尖った」自分は生まれてこないので・・・。さてさて、得意なサポート力を活かして、ありそうでなかったサービスを生み出していこう♫

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)