モンブランからのSDS入手は困難!万年筆の海外発送を諦めました

  • ブックマーク
  • Feedly

先日、ヤマト国際宅急便でアメリカにParkerのボールペンを発送しようと思ったら、ヤマトに断られ、発送ができませんでした。その時の記事はこちらです。併せて読んで頂けると嬉しいです。

今度は、モンブランの万年筆を韓国に送ろうと思ったら、また一悶着ありました。万年筆を海外発送する予定の方向けにお役に立てたら嬉しいです。

万年筆やペンをインク付きで海外発送しようとする方向けです

モンブランの万年筆を、eBayで出品したところ、韓国のセラーさんに購入して頂けました。さて、万年筆とインクのセットを梱包して、郵便局にもって行ったところ・・・

「インク入ってますよね?SDS(安全データシート)の添付をお願いします」

と言われてしましました。

あの緩い!(失礼しました・・・寛大な)郵便局でさえ、インクの発送には、SDSの添付が必要とのことでした。

そもそも、SDSって何?と思い調べてみました。

「SDSとは、安全データシート(Safety Data Sheet)の略語。化学物質および化学物質を含む混合物を譲渡または提供する際に、その化学物質の物理化学的性質や危険性・有害性及び取扱いに関する情報を化学物質等を譲渡または提供する相手方に提供するための文書です。」

(厚生労働省HPより)

なんでこのSDSが必要なの?

SDSデータ内に、「Transportation」という項目があり、航空輸送する際に、爆発するような物質が含まれていないかどうかを記載する項目があります。

その項目を確認するために、郵便局や、FedExやDHLは、このような安全データシートの添付を必須としています。

こんな感じ。

SDS (安全データシート)どうやって入手するの?

今回、送料が比較的安い国際スピード郵便のEMSを使いました。

ちなみに、eBayerの間では、郵便局の窓口の方の対応は、他の国際宅配便(例 FedExやDHL等)に比べて、寛大なので、「万年筆」という記載だけで、しれっと海外発送できるかな〜という淡い期待を抱いてましたが、そう簡単にはいきませんでした。

郵便局の窓口の女性からは、

「メーカーからSDSを入手して、添付してから窓口に再度いらっしゃって下さい」

と言われました。

そう。どうやら、SDSとやらは、メーカーに問合せして入手するようです。

ということで、私も、モンブランコンタクトセンターにメールで問合せしました。

モンブランから確認事項として聞かれたのがこの3つ

  • 海外発送したいモンブランの商品名
  • 購入時期
  • 購入場所

私の場合は、

  • 海外発送したいモンブランの商品名:マイスターシュテュック
  • 購入時期:10年以上前
  • 購入場所:プレゼントのため不明

と回答し、モンブランからの返答を待ちました。

さすがは、最高峰の書き心地を誇る万年筆を扱うモンブランですね。カスタマーセンターの応対も素晴らしかったです。

が、しかし回答は・・・・・

「残念ながら、モンブランでは、SDSは社外秘となっており、一般の消費者の方にお渡しすることはできません」

と、丁重にお断りをされてしまいました。

さて、困った・・・・。どうしよう。

一瞬、悪い考えがよぎってしまいましたが、せっかく、eBayで副業を始めて、アカウントが育ちつつあるので、間違った行動で、eBayのアカウント停止になったら、元も子もないので、今回は、バイヤーに状況を説明して、インクの発送を諦めてもらいました。

ちなみに、SDSはメーカーによっては、HPに開示している場合もあります。

私も出品しているParkerのボールペンはHP上にSDSがありました。なので、購入された場合は、HPよりダウンロードして添付の上、発送したいと思います。

メーカーによって、SDSの対応がそれぞれ違うので、

「この万年筆/ボールペンって海外に発送できるのかな?」

と思った場合は、eBayをされている方は出品前に、eBayをされていない方は発送前に、メーカーに問合せすることをお薦めします。

ちなみに、SDSの添付は、郵便局、FedEx、DHLのいずれの手段使っても必要となる書類のようです。

インクを諦めて、万年筆だけ送付しました

万年筆とインクのセットで販売していたのですが、メーカーよりSDSを入手できなかったので、今回は残念ながら、万年筆だけ発送をすることにしました。

泣く泣く、インク代はバイヤーさんに返金しました。返金交渉の時に、さらに値下げされてしまいました・・・。立場が弱くなると辛いですね。

ということで、インク問題がなくなりましたので、身軽な気持ちで、万年筆だけをEMSにて発送しました。

今回発送できなかったモンブランのインクは、SDSの添付が不要な日本国内向けに、メルカリもしくはヤフオクで販売したいと思います。

まとめ

売買が成立してから、「実は、インクが送れませんでした・・・」となると、私のように、立場が不利になってしまうので、万年筆やボールペンをインク付きでeBayで出品する時は、メーカーからSDS(安全データシート)が入手可能かどうか、事前に、確認することをお薦めします!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系メーカーで働くごく普通の会社員/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2019年実績:ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/旅する会社員(2019年7カ国を旅行)