1月は「決意」で溢れている月。さて、私は何を祈願しようかな?

  • ブックマーク
  • Feedly

青山ファーマーズマーケットの販売サポーターのK子ちゃんから、お土産で福島・白河だるまをもらいました。

白河だるま

白河だるまとは?

起源はさかのぼること、300年前。時の白河城主・松平定信楽翁公が城下の繁栄を願って旧正月14日を縁日として大手門前に「だるま市」を張らせたのが始まりとか。

願をかけるならば、日のよい日(大安・友引・先勝)に、 達磨の左目(向かって右)に墨を入れ祈願するとのこと。

1月は新年の決意でみなぎっている月。

スポーツジムも今年始めの営業開始日はロッカーキーが全部無くなる程混んでました。私が利用しているDMM英会話も、いつも使う時間帯の6時がなんだか混んでる感じ。きっと、新年の決意で「今年こそダイエット成功!」とか「今年こそ英語を話せるようになる!」とか決意表明したみんなが頑張っているのね。

さてさて、かく言う私は何を「決意」しましょうか?

2020年 脱会社員!

を目指して、会社で雇用されている私ではなく、私個人としても、「得意で x やりたくて x 人から喜ばれる」仕事に挑戦して、小さな成功体験を積み重ねていきたいなと思ってます。

まずは、4月11日にオーストラリアから旅行者14人を迎えての、英語での料理教室。私のやりたいことは、料理教室ではなく、英語で日本の食を海外の方に紹介していきたいのです。

その成功祈願も含め、頂いたダルマさんの左目に目を入れたいと思います。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

米系メーカーで働くごく普通の会社員/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2019年実績:ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/旅する会社員(2019年7カ国を旅行)