友人との低温調理器の会話がキッカケで、手持ちのホットクックで「鶏ハム」を初めて作ってみることにしました。

  • ブックマーク
  • Feedly

先日、友人のK子さんと会食していたら、「最近、低温調理器 BONIQ(ボニーク)を買ったら、安いササミとかムネ肉が、びっくりするくらい美味しくなったよー」と言う話しを聞いた。

そう言う「食事ハック」な話を聞くと、つい欲しくなってしまう衝動にかられてしまう私・・・。

あ!手持ちの「ホットクック」だって「低温調理器」なんだから、代用できないか、まずは、まだ挑戦したことのなかったむね肉で「鶏ハム」作ってみようと思い立ちました。

むね肉 300グラム

塩麹 大さじ1弱

一晩塩麹に漬けこんだむね肉を、「ホットクック」へ投入。

勝間塾仲間向けの「ヘルシオ・ホットクックを使いこなす!」のFacebookグループにはみんなの経験値がたくさん詰まっています。その中の情報をふんだんに利用させてもらって、

ホットクック 2.4L (旧型)内にクッキングシートを入れ、手動調理の6. 発酵 65度 90分で作ってみました。

このグループ内で1時間だとちょっと生っぽさが残ると言う体験談もあったので、私は90分に設定しました。あれよあれよ。しっとりとした感じの仕上がりになり、塩麹の味も効いていてとても美味しくできちゃいました。

これからの季節、温野菜蒸しなんかを添えたら、立派な1品になりますね。

我が家のヘビロテな1品になりそう。「ホットクック」の手動調理の発酵機能(低温調理)をもっと使いこなしてみて、「BONIQ」級の”シズル感”たっぷりのローストポークやビーフステーキ作れるように頑張ってみようっと♪

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)