Treadmill はかつて、「Punishment」(刑罰)のために使われていたことを知って、大いに納得した日

  • ブックマーク
  • Feedly

2019年6月3日。日々の日課・オンライン英会話からの今日の学びはこれでした。

Treadmill はかつて、「Punishment」(刑罰)のために使われていた!

もともとはTreadmillは農作業のツールとして導入されたようです。

Wikipediaによると、

Treadmills were operated by a person or animal treading steps of a treadwheel to grind grain.

(踏み板のように、人間や動物が板を踏むことを動力とする装置として、主に穀物をすりつぶすのに使われていた)

のちに、それは、なんと!「刑罰」のツールとして使われ、人を罰する、苦しめるために使われたそうです。

In later times, treadmills were used as punishment devices for people sentenced to hard labour in prisons.

Wikipediaにも上のような記載がありました。

さて、現在のTreadmillは・・・・

運動ツールとして、私たちを痩せさせてくれる、ありがたいツールとしても使われてつつも、かなりの紙一重な状況で、私たちを「苦しめてくれる」ツールでもあるような・・・(笑)。

なので、友人に、「今日はジムでTreadmillで走るのよ!」と友人に言う時は、できるだけ、楽しそうに、

「I’ll work out on treadmill today!」
(今日はトレッドミルで走る予定だよ!)

と言いたいですね。じゃないと、なんか自分を「罰する」ツールになってしまいそうだもの・・・。

英語って楽しい♪

メルマガ登録はこちら

無料メルマガです!eBay英語がわかります!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

働く女性の生産性を上げる専門家・みぽりんです。

外資系企業で、バリバリ働く現役会社員です。
忙しく本業をするかたわら、副業も2年続けています。

本業と副業の時間的両立に四苦八苦していたときに、

集中して、生産性を上げる「時間術」

を取り入れてみたところ、副業2年目にして、売上250万円を突破!

副業や、資格試験取得、先延ばし対策にも有効な、

25分集中して、5分休憩する、
イタリア生まれの時間術「ポモドーロ時間術」

本には書かれていない、考案者直伝の
ノウハウを広める活動を、セミナーを通して行なっています。