オンライン英会話「NativeCamp.」と「DMM英会話」で迷っている方向けに、それぞれの良い点と残念な点をまとめてみました。

  • ブックマーク
  • Feedly

オンライン英会話歴そろそろ4年になります。オンライン英会話が普及し始めた頃に、「ラングリッチ」でスタートし、その後「DMM英会話」を3年弱使っておりました。が、ポイントを補充し忘れ、「DMM英会話」との縁が(一時的に?)切れたのをキッカケに、オンライン英会話の見直しをしてみました。

見直しの結果、2018年5月から「NativeCamp.」なる新しいオンライン英会話を始めることにしてみました。長く愛用した、「DMM英会話」と比較して感じたPro (良い点)とCon (残念な点)を書いてみることにしました。

Pro (良い点)

  • 何度でも受講可
    「NativeCamp.」の一押し!「1日に何度でも受講可能」でこの値段。

(NativeCamp.」料金リストより引用)

「DMM英会話」の場合は、1日1回、2回、3回と受講する回数に応じて値段が変わります。

(「DMM英会話」料金プランより引用)

  • 教材が面白い

「NativeCamp.」の教材が面白い。最近、私は「フリートーク」にしているので教材を使用しなくなりましたが、それまではよく、「都道府県教材」や「異文化コミュニケーション」を使ってました。「都道府県教材」ではご自分の出身地の名産物や観光スポットをどう英語で伝えるか?の練習ができて楽しかったですし、改めて、出身地のことを見直す良いきっかけになりました。私の出身地・宮城県ではこんなものを紹介しました。

そう!牛タン、かまぼこ、ずんだ餅!

(「NativeCamp.」教材より引用)

  • スカイプアカウント不要だから便利

「DMM英会話」はスカイプを使うので、別途スカイプアカウントを作成しなくてはならないですが、「NativeCamp.」はFirefoxもしくはGoogle Chromeをインストールして、NativeCamp.の指定のリンクをクリックすると繋がるようになっています。スカイプよりも通信が安定しているような感じで、音声や映像が遅れたり、中断されることは今まで無いので、通信ストレスが無いかもしれません。

  • 「NativeCamp.」はキャンセル料が発生する

一応これは、Pro (良い点)に入れておきました(笑)。1時間前までキャンセルは自由にできますが、それ以降のキャンセルは有料となりますので、くれぐれもお気をつけて下さい。私はいつも早朝の時間に利用するので、キャンセル料取られる!と思うと、必死になって起きます。

  • 「NativeCamp.」はちょー時間厳守

「DMM英会話」は25分というレッスンの時間管理は先生にゆだれられているので、人によっては、オーバーしてくれる人もいます。しかしこの「NativeCamp.」、ちょーーー時間厳守。残り1分となると、カウントダウンが始まり、25分になると、会話の途中であろうと強制的に通信が遮断されます。なので、私のレッスンではいつも、最後のご挨拶もままならず、「Than…….」みたいな感じで、「Thank you」といって余韻に浸る間も無く、ブツっと切れてしまいます。

Con (残念な点)

  • 「NativeCamp.」は実は割高?

良い点の1に挙げた「何度でも受講可」とはなっているものの、実はお気に入りの先生を指名したり、自分が希望する日時に予約を入れるには「コイン」という名の料金が発生するのです。100コイン= 200円になり、別途の購入が必要になります。こちらがコインリストになります。

(「NativeCamp.」コイン表より引用)

つまり、お気に入りの先生だったり、自分の日時に合った先生を事前に予約しようと思ったら、このコインが、基本料金とは別に!必要になるので、実は割高になるのでした。

もちろん、追加料金の発生しない先生もいますが、講師歴の浅い方だったり、あるいは、自分が受講したい日時には、無料の先生がいないということになり、結果、コインを払わざるを得ない状況に追い込まれることが多いです。

  •  「NativeCamp.」には代替の先生の手配は無い。

「DMM英会話」の場合は、万が一、予約していた先生が急遽お休みすることがあっても、「代理」の先生が担当します(こちらは、代理を希望するしないが選択できます)。しかし、「NativeCamp.」の場合は、基本的に「いつでも」受講可を謳っているので、先生も予約が入っていても「気軽に?」お休みされます。この2ヶ月で、4回はキャンセルされました。

でも、慌てる必要は無く、その時間に「Available」(対応可能)な先生がスタンバッテいるので、その先生にアクセスしてレッスンを受講できます。

  • 「NativeCamp.」は 無料トライアル7日間登録時に、クレジットカード入力を要求される。

なので、もし、トライアルで「やっぱり、やーめーた」と終わらせるのなら、退会予定日を手帳に忘れずに記載して、退会手続きをすることをお忘れなくです。その点、「DMM英会話」はクレジットカードとPaypal他の支払い方法が選べるので、「自動請求」という恐ろしいことがされずに済むのが良いです。

良い点、残念な点と悩ましいところではありますが、なんとなく、「割高感」に感じるので、今月の利用をもって、新たなオンライン英会話を模索してみたいと思います。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)