南米・ベネズエラでは黄色い下着をはいて新年を迎えるそうです。

毎朝の日課・DMM英会話。今日の先生は南米・ベネズエラ出身のAlvaroisさん。いつものようにフリートピックで、今日は、「新年の迎え方」について会話をしてみました。

おーい!しゃべり過ぎだぞー!

 

さすが南米!自己主張がより強い感じで、マシンガントークがとまらない。あたいも話したいわよーって感じでしたが、面白かったのは、ベネズエラ流新年の迎え方。新年に欠かせないのは次の3つだとか。

黄色いの下着!

「Yellow underwear????」と何度も聞き返してしまいました。だってー、日本では新年の迎え方といったら、門松やしめ縄とかちょっと「厳か」な感じで迎えるのに、突然「We wear yellow underwear!」とか言うんですよ。ちょっと、拍子抜けしますよね。日本では、「金運」アップの色だけど、ベネズエラでは「Good luck」を呼び込むために黄色の下着を身に着けるとか。

12粒の葡萄

1月1日までのカウントダウンが始まると、一斉に皆で葡萄を12粒食べ始めるそうです。来る12ヶ月に幸運が訪れますようにと祈りながら・・・・。日本の「年越し蕎麦」のようなものでしょうか?ポイントは、カウントダウンが始まると!というところがミソ。なんか、喉につっかえそうですね。

旅行カバンを持って家の周りを走る???

ここまで来ると「はぁーー????」って感じですね。ってか、どんだけ、新年の迎え方が慌しいのよーって感じですね。

南米・コロンビアで年越しをされた方のブログが見つかったので、参考までにリンクを貼っておきます。

黄色いパンツを履いて、喉につっかえないように12粒の葡萄を1月1日になる前に食べて、そして旅行カバンを持って家の周りを走る!なんか、想像しただけで、笑えてしまうのは私だけ?

なんとも、面白いラテンな新年の迎え方ですね。
葡萄も旅行カバンはマネしたくないけど、今回はベネズエラ流に、新調した黄色の下着を着て新年を迎えてみようかな?

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)