断捨離の世の中。語学も「捨ててしまえ!」の発想だと、話せるようになるとホンキで思えた本に出会いましたー「悪魔英語」(by 青木ゆかさん)

今日の朝活本はこちら。「悪魔英語」。なんか、おどろおどろしい名前の本ですね。でも、全然中身は違います。むしろ勇気をもらえる本です。

断捨離の世の中。語学も「捨ててしまえ!」の発想だと、話せるようになります。ホンキでそう思いました。なぜなら、中学から英語を勉強して、30年近くも「英語」に携わっておりますが、「捨てること」が語学の極意のような気がしたからです。

では何を捨てるの?

思い込み

なまじ、私たちは英語を中学・高校と最低6年勉強したからでしょうか?

ペラペラに喋れないと「英語を話せる」と言っては言えない思い込み

をいつからか持つようになっていませんでしょうか?

外国人に道を尋ねられても、別にたどたどしくても、右(Right)なのか左(Left)なのか、とにかく知っている単語の羅列でも、「会話」はできているハズです。

そのあたりをうまく「漫画」で表現してくれているのがこの「悪魔英語」本です。ペラペラに話せなくてはならないという「思い込み」をまずは捨ててしまおう!という発想。大いに同意します。

だいたい、「英語、ペラペラなんですか?」ってよく聞く人がいますが、「ペラペラ」ってつまり、どういうこと意味しているんでしょうかね?そもそもそこが疑問です。「内容」が「ペラペラ」ならば、「単語の羅列」でも、しっかり自分の言いたいことを言っている人の方が、私は素晴らしい!と思ってしまいます。

無駄な表現やニュアンス

主人公のコウスケが、悪魔デモニオに対して、

「今すぐ、この部屋からお引き取り願いたい」

のようなニュアンスを伝えたいために、頭の中で、

今すぐ → Now
この部屋→this room
お引き取り願いたい→・・・・・

と変換するのですが、そんな、ニュアンスや無駄な表現なんて、「捨ててしまえ!」ですね。

Get out of my room! あるいは This is my room!

と叫んでしまえばよいのです。それで「真意」が通じてしまいます。

そう、無駄な表現や、ニュアンスなんて捨ててしまえばよいのです。20/80の法則っていうものがありますが、「2割の表現で8割のことまで表現してしまいましょう」とは、目からウロコでした。

大人語

通常、子供は1,000語ぐらいの言葉を使って、会話をしていると言われるそうです。1,000語と言ったら、すでに、私たちが中高レベルで勉強した単語レベルです。そう!私たちは、すでに身につけた1,000語を駆使して、話せるハズです。

この時にも捨ててしまいたいのが、「大人語」。大人なんだから、ちょっと気の利いた単語を使わなくてはならないと思い込むから、自分の首をしめてしまうのです。もう、英語を話す時は「子供」に戻って、1,000語を使って話してしまいましょう。

なんか、私は、この本を読んでとても勇気をもらいました。

みぽりん
「恥をかくのを逃げていた自分」を捨ててしまい、英語を楽しんでいきましょう!

 

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年参加予定:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2018年は5カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow