「美味しいって幸せ」を届けるために青山ファーマーズマーケット(東京・青山)に立つ理由だと気づいた日

先日、ベトナム人のお友達・ミンちゃんが、青山ファーマーズマーケット(東京・青山)に遊びに来てくれました。

平日、私は会社員をしておりますが、参加できる土曜日には、青山ファーマーズマーケットに行って、大好きな八百屋さん「北総農産Bugrass Farmers」の販売サポートをしています。

そんな話をミンちゃんにしたところ、「ぜひ、ボランティアやってみたい!」とのことだったので、早速土曜日に招待しました。

2時間程のサポートでしたが、ミンちゃんは、上手に接客対応してました。お礼に、好きな野菜を差し上げました。そしたら、その晩、こんな嬉しい投稿がFacebookに挙がってました。

このボランティアを始めて週休1日生活になってしまい、正直、体がしんどいなぁ〜と感じる時もあるけど、それでも続けていきたいなぁ〜と思うのは、こんな風に「大好きな野菜を食べて、「幸せを感じてくれる人」がいるからだ・・・と。

私が作ったお野菜ではないけど、大好きなお野菜たちを買ってくれたお客様が食べて、ほんのちょっとでも

あー、美味しい。幸せ♪

と感じてくれることが、何よりも何よりも嬉しいのです。

「美味しいって幸せ」

これは、私が販売サポートをしている八百屋さん「北総農産Bugrass Farmers」の間では、合言葉みたいなもの。

「美味しい」って、手っ取り早く「幸福」を感じれる方法だと思います。

それが、ウィスキーだったり、ワインだったり、お寿司だったり・・・・。人それぞれ、「幸せ」感を感じる食材は違うのでしょうが、どうやら、私は、「野菜と果物」のようです。

そんな、ささやかな「幸福感」を感じてもらいながら、精神的に肉体的に「健康」になって、いろんなことに「挑戦」できる人々が増えれば良いなぁ〜。

それが、私が可能な限り、青山ファーマーズマーケットに立つ理由なんだ〜と改めて気づかされた瞬間でした。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)