人参堀りに参加して、「生産者さんと消費者の方を繋ぐ体験ツアー」を企画していきたいなぁ~と思いました。

  • ブックマーク
  • Feedly

2017年12月2日(土)、青山ファーマーズマーケットで販売サポートをさせてもらっている八百屋さん「バグラスファーマーズ」のメンバーと人参堀りに行ってきました。

人参堀り

Beautiful Sunday♪

 

思わず口ずさみたくなるような快晴。青い空に、生命力溢れる緑の葉っぱ、瑞々しい人参のオレンジ。写真ヘタでも、画になる風景ですよね。

人参

農業体験て、生産者さんと消費者を繋ぐWIN WINなアクティビティ?

 

バグラスファーマーズ」で「おばあちゃん人参」として販売している人参は、千葉県東庄(とうのしょう)の畑で、おばあちゃん達(といいながら、おじいちゃんもいるけど・・・・)が作っている人参です。30年以上農薬も肥料も使っていないのが自慢!の人参です。

とはいえ、収穫の時に、高齢のおばあちゃん達とおじいちゃんだけでは大変!ということで、数年前から、「バグラスファーマーズ」も収穫のお手伝いに行き始めました。

「人参堀り」という「体験」

 

農家さんにしてみれば、「人参堀り」は農作業の一環でしかないけど、私たち消費者にしてみれば、立派なイベント!です。京都で、観光客が舞妓さんの化粧と衣装を着て「舞妓」さんを体験してみたり、外国人観光客がお抹茶を立てて、「茶道」を体験することとなんら変わりない。

そうお金を払って人参堀りを「体験」をする。りっぱな、「体験」ツアーですよね。

でも、他の体験ツアーと異なるとしたら、我々の人参を掘るという行為が、農家さんの「収穫作業」のお役に立てているということでしょうか?(「収穫」は農家さんにとって、とてもとても大事な作業なので、ちゃんと農家さんの指示に従うことが前提ですが)

そう考えると「WIN WIN」な行為なのかなって。

さらに、普段食べているおばあちゃん人参を作っている「おばあちゃん」達に会えて、話もできると、尚一層のこと、いつも食べている人参に「愛情」が沸くこと間違い無し!

生産者さんと消費者の方を繋ぐこういう取り組み、いいなぁ~。これからやっていきたいなぁ~。と感じた日でした。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow