農家さんの稲田に行ってみて、お米への「愛情」がより一層芽生えました。

  • ブックマーク
  • Feedly

2017年12月5日(火)、青山ファーマーズマーケットで仲良くさせてもらっている「momoGファーム」(長野県伊那市)に稲刈りに行ってきました。

稲刈りと言っても、機械で稲を刈り、束にまでしてくれるので、私たちの作業と言えば、その稲束を広い集め、脱穀機まで運ぶという簡単な作業だけでした。

稲刈り

「一見は百聞にしかず」を体感

momoGファームの主・中山さんは、自然に逆らわずに、とことん「美味しい米や野菜」を追求している農家さんです。青山ファーマーズマーケットでは、広告塔のようなトレードマークの赤い洋服も・・・・この日はなぜか緑。キンキンに追ったってている金髪頭も・・・・この日は帽子を被ってるのでわからず。

中山さん

とあれ、生き方も考え方も熱い!かっこいい農家さんです。普段はこんな感じ

momoG

その中山さんから話では聞いていた「完熟雪見米」。稲穂が「もぉーーー限界!」と言ってポキッと折れるまで田んぼで完熟させ、さらに、アルプスの山々から雪が散らつくのを待って、やっと稲を刈るそうです。それがこんな状態です。

稲

ハンパない寒さの中でも、稲穂が黄金色に輝いて、すくっと立っている。すごい生命力を感じる稲田でした。

そんな玄米さっそく頂きましたー

中山さん曰く、籾(もみ)になってもまだまだ生きているそうです。その生命力溢れるお米を早速頂いてみました。最低15時間以上浸水させて「発芽玄米」にしてから、水を少なめの白米モードで炊くのがお薦めとか。

玄米

もっちりしてて甘くて美味し〜い。それに、どうやったら美味しい米になるかを日々真剣に考え、自然の声を聞き、米と対話し、時には虫?とも会話をする中山さんの姿を想いながら頂くと尚一層のこと米が美味しくなる。

やっぱり生産者さんの顔が見える米は美味しい🎵

と思いました。

農業体験て、「体験」そのものも楽しいけど、実際に作っている生産者さんからの声とか聞けて、より一層野菜や米に対する「愛情」が芽生えて良いのかな~と思いました。最後は全員で記念写真!

記念写真

ぜひ機会があったら、農業体験してみてくださ〜い。野菜やお米が、より一層「愛おしく」なっちゃくこと間違いなし!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow