発想転換して「有精卵」を説明してみましょう♪その時は、夜な夜な卵を温める「親鶏」になりきって説明してみて下さいね。

東京・青山ファーマーズマーケット。毎週土曜日に大好きな八百屋さん「Bugrass Farmers
で販売サポートをしてます。

前回、「Free-range?」と聞いてきたお客様。実は続きがあったんです。「Free-range?」の記事がまだの方は、こちらをご一読頂けると嬉しいです。

「Bugrass Farmers」では2種類の卵を扱ってます。1つは、はやしなちゅらるふぁ~む(広島県産)の「有精卵」。もう1つは大松農場(千葉県産)の「無精卵」。

日本語でだって、「有精卵」と「無精卵」の違いって説明が難しいですよね。でも、ざっくりと説明すると、「有精卵」は夜な夜な卵を温めると、ヒヨコちゃんが生まれる卵で、「無精卵」はヒヨコちゃんが生まれない卵になるそうです。

さて・・・。例の卵のお客様。2種類あるうちの卵を見て、聞いてきます。

お客様「What is the difference? (違いはな~に?)」

きたきたー。では違いを英語で説明してみるとしましょう。「有精卵」て単語は知らない。でも、ざっくりとした違いは知っているので、

「こっちは、有精卵。卵を温めると、ヒヨコが生まれるタイプなのよー」

と発想転換してみましょう。

例えばこんな感じ

私 「Well……this is the type of eggs ….. like when you cover and warm the eggs, baby chicken comes out. (えっとね、あなたがこの卵を覆って温めるとね、赤ちゃんチキンが生まれるタイプの卵なのよ」

で、ここで、coverと言った時に、卵を覆うような「動作」もつけると、相手も想像がつきやすいと思います。というか、ニワトリの卵を人間が温めるという「行為」そのものをしないので、ほとんど「連想ゲーム」?に近い感じですが・・・。

英語は「ボディランゲージ」を伴う言語ですので、親鶏になりきって説明してみて下さい。

ちなみに、私が劇団四季ばりに(笑)、親鶏になりきって、上記の説明をしたところ、

お客様「I see…..(なるほど)」

と言ってわかって頂けました。とは言え、できたらもっとスマートに返答したいところですね。ということで、今日のnew wordです。

「有精卵」は「Fertilized」
「無精卵」は「Unfertilized」

有精卵に否定の接頭語「Un」をつければ、「無精卵」になるので、「有精卵」だけ頑張って覚えれば良いと思います。

とっさに忘れても、「Not fertilized」あるいは「Non-fertilized」と言っても、意味は通じるはずです。

さて、今週末はどんな新しいnew wordを学べるかな・・・・。楽しみ♪

英語って楽しい♪野菜って美味しい♪マルシェ大好き❤

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年参加予定:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2018年は5カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow