お客様目線でサービスを提供している旅行会社”SJR” Ms. Ishigeの話に食い入って聞いてしまった朝活でした

ご縁があって、昨年からご一緒に仕事をさせて頂いている”SJR”こと”St. James Rail”。どんな会社かというとこんな会社です。

ご夫婦で企画・運営!

オーストラリアを拠点にMs. Takako Ishige & Mr. Owen Johnstone-Donnetのご夫婦が2人で営んでいる旅行代理店。

(SJR HPより引用)

基本的に2人で企画・運営を行うので最大20名程度までしか参加できないツアーを運営してます。

驚きの宣伝ゼロ!集客が口コミのみ!

もう、これを聞いた時はホントにびっくりでした。えぇぇぇぇ。宣伝ゼロ!どうやって、集客、しかも「上質」なお客様が集まるの???と疑問でした。

実は、私、ご縁があって2018年4月にSJRさんのお客様14人に、”Japanese Cooking Lesson”を仲間と一緒にさせて頂きました。

初めての体験とあって、どんなお客様が来るのかドキドキものでしたが、お会いした一瞬でわかりました。

「あ!この方たち、皆様、良い人達だ・・・・」

と。私たちのつたない英語にも聴く姿勢を持って、この機会を楽しもうとしてくれる姿勢が感じられて、とてもとても嬉しい気持ちになりました。

そんな、質の良いお客様達。どうやって、宣伝もしないで集まるかというと、

口コミ

なんだそうです。質の良いお客様がそのお友達にSJRを紹介してくれて、また質の良い新しいお客様が集まる・・・。

ちょー理想的なビジネスモデルです。

旅行業歴38年!!!

Owenさん、いつから旅行業やってるんですか?というぐらいの驚きの年数ですが、今から遡ること38年前。Owenさんのアイデアで始まった列車でのSt James Anglican Churchの「巡礼ツアー」が発端だったとか。

そうだったんですね・・・。Owenさん、その頃から鉄男さん、もとい、電車好きだったんですね・・・・。

石毛さん曰く、こないだどこ行ってたの?とOwenさんに聞いたら、

「ふらりと新幹線で広島まで・・・・」

と言ってたそうです。特に、広島で「観光」したわけではなく、ひたっすら、東京から新幹線に乗って広島まで行って、戻ってきたとか。

仮に「のぞみ」で行ったとしても往復8時間弱。ひぇぇぇぇ。これは鉄男さんでないとできない技ですね。そういえば、このSJRの旅行の特徴も、「電車」での移動が基本のようですしね。

せかせかした毎日の喧騒を忘れて、車窓を流れる風景を見ながら、時にワインを飲みながら、旅仲間と語り合いながら・・・の旅、楽しそうですね。

長い長い旅行業界のキャリアにある原点はいつも「お客様目線」

「お客様目線」きっと、38年前に旅行業の前進となる「巡礼ツアー」を企画した時もきっとそうだったんでしょうね。

Ms. Takako Ishige & Mr. Owen Johnstone-Donnet夫妻が企画し且つ運営する旅行なので、約3週間の旅行期間中、当然ながらご夫婦はお客様と一緒に旅をされます。

そんな旅行の道中にも、お客様との会話で「今度、どこ行きたい?」と行きたいところを常に確認するとか。そしてお客様方の要望をヒアリングして、次の企画を練り、

「こんな内容でオーロラツアーするけど、興味ある?」

とその場に居合わせたお客様方からのフィードバックをすぐに取り込み、また、企画をアップデートする。

そっか・・・・「カスタマイズ」版の旅行プランの提供か・・・・。ありそうで無かったかも・・・・。

そして企画した「オーロラ」旅行。HPでは、なんと、すでに完売になってました・・・(汗)

(SJR HPより引用)

ご年配の方だと、なかなかインターネットを使いこなして旅行のプランを立てるのはちょっとハードルが高い。

かといって大手旅行代理店のプランに参加すると、ホントは「あの場所」に行きたいのに・・・・という小回りがきかない。

そんな、かゆいところに手が届くサービスを提供しているのがまさしく、Ms. Takako Ishige & Mr. Owen Johnstone-Donnet夫妻が提供しているサービス。リピート率の高さも、お客様への貢献度の高さを表していますね。

ライセンスは貸し借り可能?!

Takakoさんが旅行業のライセンスを取ったのは8年前のことらしいです。それまではなんと、旅行業38年の経験を持つOwenさん。ライセンス無しで旅行業を営んでいたようです。

というのは、さすがオーストラリア!ライセンスの「貸し借り」が可能なんだそうです。

「ライセンス取得するために勉強する時間があったらビジネスをしよう!」

ライセンスの「貸し借り」までできちゃう合理的なオーストラリアもあっぱれだけど、Owenさんのこの発想も素晴らしい!

アウトソーシング力もばっちり!

ご夫婦2人で営んでいる会社なのでマンパワーは有限。あれもこれも、私たちがやらなくっちゃという無理強いは全くせずに、

「現地の案内は現地の人にお任せ!」

他力で対応できることはぜーーんぶお願いしちゃえ!という柔軟な発想もホントに素晴らしい。

1時間ちょっとの早朝の短い時間のおしゃべりでしたが、めちゃくちゃ内容の濃いい話が聴けて、これは、「アウトプット」せねばーーーと思い、勢いでブログを書いてみました。

4月17日(水)に、4人のインバウンドチームで、来日中の9人のオーストラリア人のお客様に「Japanese Cooking Lesson」を開催します。

帰国直前の残り少ない滞在時間ではありますが、最後の最後まで「日本」について知って、楽しんでもらえるように、楽しい2時間を提供していきたいと思います。

 

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)