ツナゲルサロン第3回「九星気学」(by まごめじゅんさん)を受講。人生をより良く生きられるツールを使って「本来」の自分に戻りたいな・・・。

2019年3月30日にツナゲルサロン第3回「九星気学」(by まごめじゅんさん)を受講しました。

九星気学、自分の当てはまる星はわかっているけど、はて?あまり詳しいことはわからず。

でも、なんか、昔からある星占いなので、なんだか面白そうということで、全くの知識ゼロで参加してみました。

「開運」は棚ぼたじゃない。

星の読み方を理解して、「運」が開けることを誰もが望むものです。私もそんな1人。でも、だからと言って、

「開運」は棚ぼたではありません!

と一喝されてしまいました。

あれ・・・そうなんだ。やっとたどり巡り合えた「開運」と言う名の扉を開いたら、そこは私たちの「理想郷」にたどり着けるのかと思ったら、それは大間違いらしいです。とほほ。

そうではなく、

「変わるのではなく、本来の自分に戻っていく

それが「開運」なんだそうです。

なんか、ちょーー深い感じ。

その例として、じゅんさん自身のキャリアの話をしてくれました。もともとSEだったじゅんさんは、「要領よくそつなく」こなす尖らない会社員だったそうです。

でも、いろいろ(オフレコあり・・・(笑))なことがあり、「九星気学」と出逢い、結果的に会社員を辞める状況が整ってきた時にふと、

「あれ?本来の自分に戻ってきている」

という感じを得たそうです。

そう、そつなく「会社員」としてこなしてはいたけど、その姿は「本来」の自分では無かった。無理していたわけです。多くの私たちがそうであるかのように・・・。

40歳から遅咲きのキャリアチェンジをしたそうですが、現在は、「講師」として、ビタミンカラーを身にまとって活き活きとして働く、現在のじゅんさんは、まさしく「本来」のじゅんさんになったわけです。

私も、早く「要領よく、そつなく」こなす尖らない会社員から脱したい・・・・。

どうしたら良いんですか?

と聞いてみました。じゅんさんからのアドバイスは、

「吉方位」に行き、「吉」のものを身体に取り込む。

だそうです。

特にお薦めは、吉方位にある「温泉」だそうです。源泉かけ流しの温泉に入り、身体全体から「吉」を取り込み、その土地の「食材」を食し、できたら「宿泊」する。

なぜなら、私たちは「寝ている」間に、土地から「運」を体内に取り込んでいるからだそうです。

そうやって「吉」を体内に取り込むことをしていくと、自然と「整って」いくそうです。この「導かれている」感、すごく良いですよね。

人生を快適に生きるツールに過ぎない!

だからと言って、人生を吉報に導きたい一方で、日々、「九星気学」に囚われてしまうようになってはダメ!とのこと。

「手書きするより、今だったらWord やExcelを使った方が便利なように、「九星気学」も人生をより良く生きるためのツール」として利用するのが良いとのこと。決して「信者」になってはいけない!

なるほどー。「開運」を求めて、日盤、月盤、年盤を日々確認し、戦々恐々として日々過ごすよりも、「人生快適ツール」として取り入れつつ、自分の「ベース」を整えていくことに集中した方が良いとのこと。

じゅんさんらしく、

「九星気学」って「栄養療法」に近いかも

と表現してました。

ナイスバディになりたいから、まずはトレーニングに励む。「九星気学」は良質なプロテインやサプリメントのような存在。味方につければ、とても頼もしい「人生のブースター」になってくれるとのこと。

なるほど、わかりやすい。だからと言って、普段カップラーメンしか食べてないような不摂生な生活をしている人が、ナイスバディ(開運)を目指して、いきなり高濃度のサプリメント(九星気学)を取り込むのはおかどちがい。

そんな「ナイスバディ」(開運)目指す前にやることあるでしょー。

「普段の(食)生活」を見直すことよ!まずは不摂生な(食)生活を改め、「ベース」を整えましょう。その上で、取り込む良質なサプリメント(九星気学)は効果てき面だそうです。

あの・・・大型連休で○○行く予定なんですが、大丈夫でしょうか?

ちょーーーー、気になる!私も、それがとてもとても気がかりでした。そんな人への、じゅんさんからの、手厳しい回答がこちら。

「私たち人間は一刻一刻、死に向かっています。みんな、その死に向かうように、悪い方向を選んで進んで行っているとのこと」(笑)

じゅんさんが今まで会った数百人の中で、偶然にも「大吉報」の方位を選んでいた方は1人か2人ぐらい。あとの方々は、「なんで敢えてその方角に行っちゃうかなーーーー?」という位、みんな「凶」の方位に向かっていくとか。

悲しいかな、私たちは、「悪い方向に導かれる性(さが)」があるのでしょうか?

私もGWに旅行する予定の方角は・・・・、旅行後に調べたいと思います。もし、仮に、いや、確実に(笑)「凶」の方角だとしても、その時はその体験から「学べ」ば良いとのこと。

人生には「真実」は無い。あるのは「解釈」だけ。

もう、この言葉、ちょーーー、刺さりました。

そっか・・・。「事実」は解釈次第で、「成功」にも「失敗」にもなる。世間的に、「マイナス」な出来事も、本人にしてみたら、長期的に見て「必要な経験」だったのよということって、たくさんありますもんね。

深い!深すぎます!!!!

とひとしきり感動したところで、今日から簡単に使える「アプリ」を教えてもらいました。

こちらです。

日盤、月盤、年盤あるけど、初心者は、「月盤」と「年盤」の重なる吉方位をまずは見ていけば良いとのこと。まずは、行ける範囲で、吉方位に行き、できたら、宿泊してみる。

その経験から、自分の体で「変化」を感じていくと良いとか。

私たちの祖先が、昔から使ってきた「人生をよりよく生きる」ツール。私も、ちょっと取り込んでいきたいと思います。あ!もちろん、「ベース」を整えながらね。

(じゅんさんと立さんの対談の様子)

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)