「自己肯定感」ちょっと低めの人にお薦め。今、この瞬間から「自己肯定感」をあげる方法満載です!

  • ブックマーク
  • Feedly

「あなたは自己肯定感高いですか?低いですか?」

と問われたら、多くの日本人は「低い」ですと答えてしまうでしょう。

そもそも、なんで日本人て「自己肯定感」低いんでしょう?

まずは「自己肯定感」の定義から。著書では

あるがままの自分で大丈夫だ

と思える感覚と、定義づけています。

さて、私たち「あるがままの自分」を受けれているのでしょうか?

いや・・・まだまだ。もっともっと高みを目指さなくちゃ・・・・と考えてしまうのが、多くの「日本人」です。はーい!私もその典型的日本人でーーす!

特に日本人は「まじめ」なので、

  • もっと成功しなくっちゃ・・・
  • もっと勉強しなくっちゃ・・・
  • もっと自分を磨かなくっちゃ・・・

もっともっと・・・・・と延々続きそうですね(汗)

自分を高めるのは良いけども、まずは自分を「認めて」あげたいですね。そうじゃないと、疲れちゃう。

日本はまた欧米に比べて、「和」をもって尊しという風土があるので、「自己主張」を良しとしない雰囲気があります。そうすると

「私は本当はこうしたい!」のに・・・
「私はこう思う!」のに・・・

という「自己主張」がしにくくなり、ついつい他人の顔色を伺う空気感に飲み込まれ、自分の欲求をなかなか満たせないことが、自己肯定感を低くしてしまう要因でもあるようです。

じゃあ、「自己肯定感」が高くなったら、そんなに生きやすいの?

なんだか、みんなが「自己肯定感」ってやつを高めちゃって、「言いたいこと」言い合ったりしたら、収集つかなくなっちゃわないの?と思いがちですが、そんなことは無いようです。

なぜなら、自己肯定感が高い人は、

• 自分で自分を認めていて、
• 他人の評価に過度に依存しなくて、
• やりたいことをやって、
• 言いたいことはハッキリ言う!

つまり、自分の気持ちに「正直」に生きているからです。

ちなみに自己肯定感が低い人は、↑とは真逆で、

• 自分で自分を認められない/受け入れられなくて、
• 他人の評価に過度に依存してしまって、
• やりたいことをやれなくて、
• 言いたいことをハッキリ言えない

つまり、自分の気持ちに「不正直」に生きています。

えー、どっちの生き方が良いといったら、ぜったい前者の「自分の気持ちに正直」に生きたほうが、生きやすそう。ならば、その生き方をすれば良い!のです。

じゃあ、どうやってするのさ?

今日、いや、今この瞬間から自分に「OK」を出してあげれば良いだけ。

「嫌だな・・・」と思ったら、それを正直に伝えちゃえば良い。

「ブログ書こうと思ってたのに、今日も書けなかった。もー、あたしってほんとダメダメ」と自己嫌悪に陥りそうになったら、まずは「そんな自分もありよね」ってOKを出してみようって。

その際のポイントは

「思考そのもの」と「思考する自分」

との分離がポイント!だとか。

例えば、スタイルの良いお姉さまを見て・・・

「いいなぁ~、あんなにスタイル良くて。それに比べて私の太もも。丸太だわ・・」と思ったら、まずは

思考:あ!今、私、●●さんのスタイル、羨ましいと思っている。

ということに「気づき」、

思考する自分:あ、今、ここに「●●さんを羨ましい」と思う自分がいる。

と「客観視」する。

そうするだけで、ネガティブな思考や感情が、お湯の中に入れた氷のように、シュッーーーっと溶けていくそうです。ほうほう。

そして、今度は思考する自分を「客観視」して、

「なぜスタイルが良い人を羨ましいと思ったのか?」

を洞察(どうさつ)してみるそうです。

そうすると、例えば「痩せている女性=モテる」と勝手に思い込んでいる自分に気が付くかもしれない。

そう、この「客観視」+「気づき」を得られれば、マインドフルネスを習得したこと間違い無し。

著者は、マインドフルネスを

今、ここに生きていることで、マイナス思考を客観視できるスキル

と定義しています。

アファメーション(肯定的自己宣言)で相乗効果倍増!

そんな客観視ができた自分に、今度は「肯定的な言葉」をかけてあげましょう。

あるいは、自分が「なりたい」自分を「肯定的な言葉」で表現してあげましょう。

それは、氷山の一角の顕在意識(自覚している意識)に隠れる、大きな大きな潜在意識(自覚していない意識)に訴えかけるように。

例えばこんな風に

• 私は今のままでも可愛い
• ぽっちゃりの私って可愛い
• 今の私、大好き❤️

アファメーションのポイントは、この4つ!
1. 現在形にして、
2. 肯定形で、
3. わかりやすい言葉で
4. ワクワクするような
内容にすると良いようです。

マインドフルネス x アファメーションの相乗効果で、「自己肯定感」あげあげ!

その結果、「自己肯定感」が高くなってきた自分は「こんな私、ラブ❤️」と自分大好きになるし、または少々のストレスやプレッシャーにも負けずに前向きに生きられるようなるそうです。

自己肯定感が高い人は、成長の速度が速い!

そしてそして、自己肯定感が高い人は、たとえ「失敗」したとしても、それを「学び」と捉えられるようになるので、成長や上達がどんどん早くなるそうです。

ちょー、なんかいいこと尽くめですね。

私、自己肯定感、ちと低いかも・・・と思われた方にはお薦めの1冊です。悩み多きハルカちゃんと、師匠こと藤井先生の会話形式で書かれた本なので、とても読みやすいです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)