東京オリンピック1000日前にしての私の決意表明!

いよいよ東京オリンピックまであと1000日カウントダウンとなりましたね。

オリンピックまであと1000日

1964年の東京オリンピックの時は、私はまだ産まれていなかったので、3年後の2020年のオリンピックには、ぜひ参加したいですねー。選手としては無理でしょうから(笑)、ボランティアでゼッタイに参加したい!

もし、2020年もまだ会社員をしていたら、有給をフルフルに使ってオリンピック期間中の7月24日~8月9日は完全にお休みをします!(←決意表明です)

私が勤務しているアメリカ企業は本社がアトランタ(ジョージア州)にあるのですが、やはり1996年のアトランタオリンピック期間中、本社をクローズして、街全体でオリンピックを盛り上げたとのことです。なので、私の2週間の有給申請も理解してくれる・・・・ハズ。

そしてボランティアとして参加するのに最近準備していることとしては、

1. 東京都主催「おもてなし講座」受講予定
日程が合わずに延期延期となってしまいましたが、明日、11月14日に、東京都主催の「おもてなし講座」を受講する予定です。

内容は日本の「お・も・て・な・し」について「澤の屋旅館」(東京・谷中)の実例から学ぶ講座のようです。所要時間は3時間30分。これを受講したからとて、ボランティアとして確実に参加できるという保障は無いのですが、ひそかに、有利になるかなと淡い期待を抱いております。

2. ガイドをする側、される側の体験をする
国内でも海外でも旅行に行くときは、ツアーガイドさんを個人的にお願いし、自分がガイドされる側を最近は経験してます。

例えば、9月に行ったローマ。見所たくさんの観光名所をガイドさんと一緒に巡りました。名所の基本的な情報は、インターネット上にこれでもか!と氾濫しているのですが、ガイドブックに載っていない、現地の人だから知りうる情報を教えてもらうと、なんか得した気分になりました。

そういう意味では、自分がガイドする側になった時に、ガイドブックに載っていない「東京」を教えてあげたい気持ちになりました。

3. 東京の街を自分の足で歩いて学ぶ
「ここのお店のお饅頭、美味しいのよ」や「この場所から見たここの景色が綺麗ですよ!」っていうのは、結局のところ自分の体験からしか語れないので、とにかく自分の足で歩いて見て聞いて味わって!みることにしました。

ということで、東京オリンピック1000日前にして私が決意したことは、「東京の街を歩こう!」ということでした。

街歩きも楽しくなる秋の季節。さあ、早速今週末から東京の街を歩いてみますね。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年参加予定:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2018年は5カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow