久々!ファーマーズマーケット英語「皮ごと食べてね」

焼き芋が美味しい季節ですね。私も大好きでよくマルシェでの「ご機嫌」なモーニングセットで食べてます。


日本人にはとっても馴染みのある食べ物ですが、青山ファーマーズマーケットでは外国人にも人気の食べ物なのです。焼き芋の師匠・ノムさん曰く、お客様の6割ぐらいが外国人だとか。

そこで言いたいのが、このフレーズ・・・

「焼き芋、皮ごと食べてね」

さてさて、なんて言いましょう。皮をアルクの英語辞書で調べると・・・

  • bark
  • casing(ソーセージなどの)
  • coat(野菜・果物の)
  • coating(料理などの)
  • croute(パンの)
  • fell
  • head《音楽》(ドラムやタンバリンの)
  • hide(けだものの)
  • jacket(焼いたトマトの)
  • layer
  • peel(果物などの)
  • rind(果物の堅い)
  • rind(チーズやベーコンなどの固い)
  • shuck〈米〉(トウモロコシなどの)
  • skin

 

こんなに言い方がありました。

どれがしっくりくるんだろう?と悶々と考えていてもしょうがないので、Native Speakersに聞いてみたところ、焼き芋だったら「Skin」がしっくりくるとのこと。

私は「外側」かな?というイメージで「Outside」を使っていましたが、一度、冗談のつもりか、焼き芋を入れた紙袋を指さされ、「これのことか?」なんて聞かれたことがありました(笑)。

「Skin」がしっくりくるということなので、今週末、焼き芋を手渡す際は

みぽりん
Eat the skin, as well.

と言葉を添えて販売してみたいと思います。あ!もちろん、ビッグスマイルも忘れずね!

さあ、今週も花粉に負けずに、青山ファーマーズマーケットで元気に野菜を販売しますよー。
ぜひ、遊びに来てくださいね〜。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)