意外にあっさり、上司に承認してもらえ、会社のデスクが今日から「スタンディングデスク」になります!

平日はサラリーマンをしている私。月曜日から金曜日、午前9時〜午後6時まで座りっぱなしなので、慢性の肩こりと腰痛に悩まされておりました。

会社の収納スペースが少なくなり、キャビネット補充をする機会があったので、アメリカ人上司に「上下昇降するスタンディングデスク」の導入を打診してみました!

キーワードは「人間工学」

2019年の会社のPriority の一つが「Safety(安全)」

生産工場を世界各地に持っているので、工場での「Safety」が何より大事ということでのPriorityとは思われますが、私たち営業事務所に置いても「Safety」は大事。

つまずく場所は無いか、キャビネットは耐震になっているか・・・と諸々ありますが、従業員が8時間も労働する環境を「生産的」で「人間工学」的に配慮された環境にしたい!というようなことを言ってみたところ、あっさりOKが出てしまい、週末にデスクの入れ替えが行われました。

ちなみに、「人間工学」とはWikipediaによると

人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。 また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故・ミスを可能な限り少なくするための研究を含む。

という意味になり、英語では「ergonomics」と言います。

アメリカ国内では、このスタンディングデスクが主流となってきているようで、大きな反発も無く、あっさり承認してもらえました。

こちらがそのデスクです。

右側のボタンで上下できます。

さあ!今日から始まる月曜日!早速、立ちながら仕事をしていきますよー。これで腰痛が少しはラクになると良いな。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)