時短で働くママからの「提案」のおかげで、毎年の悪しき習慣と諦めていた「正月休み返上業務」をしなくて済むことになりました。

私は、米系企業で働いています。会社の経理はアウトソーシングしているため、アウトソーシング先の会計士さんと一緒に仕事をしてます。今年10月より担当してくれている会計士さんは、2人の子育て真っ最中の時短で働くママ。

「正月返上」の悪しき習慣にすっかり慣れきってしまっていた私

毎年12月の月次報告書は、アメリカ本社が1月2日より稼働するため、第3営業日の1月4日が締切日となってます。

なので、私がこの業務を担当していた過去11年間は、いつも、お正月休み返上で経理処理をしてました。

今まで担当してくれたアウトソーシング先の会計士さんは全員、独身の男性だったため、「正月休み返上」に対して、「諦め」の境地で、難なく対応してくれていたので、私もすっかり、この悪しき習慣に慣れてしまい、私も、「正月休み返上」で対応をしておりました。

時短で働くママからの「提案」が素晴らしかった

ところが、時短で働くママから、

「見込みの数字を取り込んで、12月26日に前倒しで締めて、12月28日に12月の月次報告書を提出しましょう」

と提案がありました。理由を聞くと、「会社の都合で年末年始の出社ができない」とのことですが、なんとなく女の勘で(笑)、家族都合なのかな?と推測しました。なにはともあれ、彼女が大胆にも提案してきた内容は

12月29日から1月6日まで、ちゃんと「休みましょう」

という提案です。素晴らしい提案だったのだけど、私の中で最初に思ったのが

「アメリカ本社が許してくれるかな?」

でした。なぜなら、私は過去11年間、正月休み返上を「当たり前」として、第3営業日に取り込むべき数字を取り込んで、12月の月次報告書を提出してきてしまっていたからです。

なので、

「なんで急に、できなくなるんだよ!」

と言われるかな?と不安でしたが、一か八か賭けに出て、

「12月29日〜1月6日まで日本は年末年始の休みだから休みます」ゆえに、月次報告書は、見込みの数字を取り込んで前倒しで12月28日に提出します。以上!」

言い切り(←これ大事!笑)ました。

勝手に思い込んでいた不安は、「取り越し苦労」に過ぎませんでした

さて、次の日の返信メールを恐る恐る確認しましたが、見込みの数字のアドバイスがあっただけで、私が懸念していた「前倒し」のレポート提出に対しては何のお小言がありませんでした。

あれ?なーんだ、いけるんじゃない!

「なんで今までできて、今年はできないんだー」なぁーんて誰も言ってこないぞ。

そう。勝手な思い込み!なだけだったんです。これぞ正しく「取り越し苦労」。物事って自分が思っている以上に、簡単に、そして優しく進むのね。

ということで、12年ぶりに私は、お正月休みを、出社することなく楽しめそうです。

提案してくれた時短で働くママ・盛岡さん、ありがとうございます。

そして、私も、盛岡さんのような「効率的に働く」姿を見習いたいと思いました。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)