「人生うまくいく人の感情リセット術」(樺沢紫苑著)の本とセミナーから学んだ今すぐにできそうな感情リセット術

  • ブックマーク
  • Feedly

12月15日(土)に旧刊「「苦しい」が「楽しい」に変わる本」をリニューアルし、文庫本として出版した樺沢紫苑先生の出版セミナーに参加してきました。

セミナー内では、新刊「人生うまくいく人の感情リセット術」を元に樺沢先生からの1時間ちょっとのセミナーがありました。セミナーの内容と本の内容から、今日からできそうな感情リセット術を書いてみることにしました。

リセット術その1  イライラの構造は所詮(←ここ大事!)、「脳内物質」の変化によるもの。なので、あえてイライラの原因を取り除く必要はないと割り切る。

私個人的には、人数の少ない職場に、どーーーーーーーしても苦手な女性がいます。彼女の一挙手一投足にイライラしたり、不快感を感じたりしております。が、このイライラや不快感の原因て、深堀していくとなんと、単なる「脳内物質の変化」に過ぎないとか。

「苦しい」人の脳内物質ではノルアドレナリン(苦しい)、アドレナリン(イライラ)、コーチゾール(ストレス)。「楽しい」人の脳内物質ではドーパミン(幸福)、エンドルフィン(快楽)、セロトニン(癒し)

が分泌されているとか。

ということは、なんか「不快」だな・・・と感じてしまっている時は、単に上のような「脳内物資」が分泌されているだけ!なのです。

そう考えると「嫌いな女性」を排除しなくては、この私の「不快」感を解消することができないなんて考える必要はなく、むしろ考えなくてはならないのは「どうやったらこの不快の感情をリセットすれば良いかしら?」になります。

そう、不快の「原因」を取り除く必要が無いということを知っただけで、既にイライラの9割は解決したような気持ちになりました。だって、私たちは、「過去」と「他人」は変えられないのですから。変えられるのは、今ここから始まる「未来」と「自分」だけなんですから。

そう、他人を変えようとなんかせずに、「自分」(の感情)を変えれば、悩みはほぼほぼ解決です。

リセット術その2 「鳥の目」で俯瞰

苦しいことや嫌なことがあると、「視野狭窄(しやきょうさく)」といって視野や視界が狭くなり、周りが見えなくなる傾向にあるようです。あんな嫌いな人とずーーーーーーっと一緒にいるなんて、御免被りたいわ!と思っても、別に一生一緒にいるわけではなし。

私の場合は、7時間30分の勤務時間内も、別に四六時中一緒に向き合って仕事をしているわけでは無く、接する時間は凝縮したら、10分も無いくらい。

と思ったら、その10分なんて、大した話では無いように思えます。また、そんな嫌な彼女でも、私の代わりに電話応対してくれたり、お茶当番を積極的にしてくれたり・・・といろいろ「助けて」もらっているので、彼女の良い面に目をやると、不快な脳内物質を分泌させずに済むかもしれません。それでも、人間は弱いので、「不快」な脳内物質が溢れ出そうになったら・・・・・

リセット術 その3 楽しいことをイメージしましょう

なんと、嬉しいことに、「楽しいこと」をイメージするだけで免疫力までアップするというおまけつき。今日行こうと思っている「美味しいランチ」のことを考えたり、GWに行く予定の海外旅行のことを考えたり、先週末に大笑いしたバカ話のことを思い出したり・・・・なんてしていると、「不快な脳内物質」を分泌させずに済みます。更に、同時に免疫力もアップ!一石二鳥です。えー、そんな急に「楽しい」ことなんて思い出せない!という人にもとってもおきのマジカルワードがあります。

リセット術 その4「きゃー、なんかワクワクする♪」と言ってみる

「なんかやばい・・・。止めどなく不快な脳内物質が分泌しそう」と思ったら、

あー、もうワクワクする♪

と発してみましょう。このマジカルワード「ワクワクする」とつぶやくだけで、脳が活性し、良い結果が生まれるとか。緊張しやすい私にとってはありがたいです。プレゼン前などに、今度「発して」みたいと思います。

リセット術その5 樺沢先生と言ったらこれ!「睡眠・運動・休息

睡眠不足は「心の赤信号」というように、睡眠不足は精神的な不調の「原因」であり「結果」でもあるようです。睡眠不足になることで「ストレス」が増加し、「不快」な脳内物質を増加させてしまうのならば、今晩からすぐにでもできる簡単な「感情リセット」術の1つとして、十分な睡眠をとる事ができますね。

運動
たくさんの科学的な実験結果から、適度な運動は脳を活性化し、ストレス耐性を高めてくれて、さらにアルツハイマー病のリスクを60%も減じてくれたり・・と良いこと尽くめのようです。

理想は「1回1時間以上の中強度の有酸素運動(ウォーキング、ランニング、自転車こぎ、水泳、エアロビクス等)を週2回以上すること」のようです。

体も引き締まってくる上に、さらにストレス耐性が高まり、イライラや落ち込まない精神力が作られるってこれも一石二鳥ですね。

休息

そして充実した1日を終えて、心も体もリラックスさせて「ワクワク」する明日を夢見て布団に入る。

小難しいことが一つも無く、どれも今この瞬間から、ハードル低く日々の生活に取り入れられることばかり。
「イライラ」してお悩みの方には、ぜひお薦めの1冊です。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)