柿って英語で「Kaki」?それとも「Persimmon」?

  • ブックマーク
  • Feedly

先週土曜日の快晴のマルシェ。旅行日和なことから、たくさんのアジア系の観光客のお客様が多くいらっしゃいました。

そんな中、人気だった果物がこちら、柿。

東南アジアや香港からの観光客が興味津々。そして聞かれたのが「What’s this?」

以前海外旅行をした時にスーパーマーケットの果物コーナーで日本の柿が

「kaki」

として売り出されていたので、柿 = Kaki で良いかな?と思って

「This is Kaki」と行ってみましたが、インドネシアから来た風のアジア人がキョトンとしてしまってました。

「Kaki」で通じないのかな?と調べてみたところ、フランスやイタリアなどの英語圏外では「Kaki」として販売されているとか。

むしろ英語圏では、「Persimmon 」(パーシモン)として売り出されているとのことでした。

果たして、英語圏外のアジア系の方にこの単語が通じるのかどうかはわからないですが、今度試してみたいと思います。

とは言え、香港などの日本の野菜や果物が多く輸出されている都市からの観光客の方は、「Kaki」が美味しいことを知っているようで、爆買いして行ってくれました。

なので、次回は

This is called “Kaki” in Japanese and is Persimmon in English.

(こちらは、日本語で柿と言います。英語で言うところの”Persimmon”です)

It’s seasonal fruit in the fall. (秋が旬の果物です)

We eat not only raw Kaki, Persimmon, but also dried one. (生だけでは無く、干した柿も食べます)

といって、干し柿も紹介したいと思います。それにしても、生でも美味しいけど、干し柿も美味しそう。ちょー、食べたくなってきた。

 

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

米系メーカーで働くごく普通の会社員/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2019年実績:ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/旅する会社員(2019年7カ国を旅行)