我が家では、「お肉はハサミで切るもの」が定着してます。

勝間和代さんの著書「勝間式 ロジカル家事」内で紹介されていたこちらの「貝印 カーブキッチンハサミ」。

お肉用ハサミ

愛用して5ヶ月経ちますが、本当にラクで、欠かせない調理器具となってしまいました。

別に包丁とまな板で良いでしょうー!

はい、私も最初本を読んだ時そう思いました。別に、まな板は野菜切るものと分別してれば、肉を切った後に包丁を洗えば良いだけなんだから・・・。

でも、その手間を素直に「面倒だな。なんとかならないのかな?」と考えて良いのだと、勝間さんの本を読んで思いました。実際にハサミを使ってみて、肉を切るのに、「包丁とまな板は必須!」という常識が覆されました。

だって、ハサミだったら、まな板が不要になるのです。

包丁もまな板も出さずに、買ってきたお肉のパックの上で、チョキンチョキン。後は、ハサミだけを洗えば良い。なんと便利で簡単なの。

しかも、切れ味が良い。

特に鶏肉は筋があるので、包丁だと、ちゃんと研いだ包丁でないと切れ味が悪くなってしまいます。でも、この貝印のハサミ、とても切れ味が良いので、鶏肉もきれ〜いに切れます。

思い込みを外して、実際に試してみると、これ、ホント便利だわ〜と思うものってあるんですね。目からウロコの一品でした。

ぜひ、まだ使って無い方は、試してみて下さい。
意外にも、そろそろ80歳になる母親が、このハサミを紹介したところ「良いね〜」と言って買ってました。

長年、料理してきて「面倒くさい」思いをしてきたからこその、発送転換だったのかな?

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)