ドバイ国際空港は、「沈黙は金なり」を実行している空港だった。

9月の連休を使って結婚10周年のお祝いにモルディブに行ってきました。日本からモルディブまでの直行便がないため、今回は行ってみたかった都市・ドバイ(アラブ首長国連邦)で乗り換えにすることにしました。

到着前の機内で目にした、「緊張感」のあるアナウンス

さあ、あと1時間でドバイだわ!飛行機の窓から砂漠が見えるかしら!とワクワクしていた私に、機内でしずか〜に表示される、とっても「緊張感」のあるアナウンスが目に入ってきました。

え?何々。ちょ、もう1回見せて。読み間違えたかも・・・。思わず、写メって、スマフォの画面上でも内容を確認してしまいました。やっぱりそうよね・・・。アナウンスが一切無いって書いてるよね。

やっべー。モルディブへ行く便にちゃんと乗り継ぎできるのか???一抹、いやかなりの不安を抱えながらも、やぱり飛行機の窓から見える砂漠に「きゃーきゃー」言って楽しんでました(← なんだかんだ言って楽しんでしまいます)

掲示板、ちょーガン見ですよー

さあ、いよいよ着いたドバイ国際空港。アナウンスが一切流れないらしいので、乗り継ぎ便の掲示板をガン見しました。心なしか、他の乗客たちも、ガン見しているように思えました。

なんせ、ドバイ国際空港。世界一でかい!とあって、万が一、情報を読み間違えて、「きゃー!間違えたーーー!」と言っても走ってどうこうできる距離ではありません。だいたい、ターミナル間の移動は、電車を使うんですから。この時ばかりは?、夫婦で手に手を取り合いました。きゃ💖

うん、間違えない!

と3回くらい確認した後に向かった、モルディブへの乗り継ぎ便。掲示板では、Gate 45と表示されているのに、Gate 45に行っても、「モルディブ行き エミレーツ航空 〇〇便」とか表示されてないし・・・。

ちょー、大丈夫なの???不安MAX。ということで、エミレーツ航空のカウンターで間違い無く、Gate45で合っていることを確認して、やっと一安心したところでした。

なんか、一安心したらトイレに行きたくなった・・・・

と、トイレに向かったところ、なんと!今度はトイレ内にも自己責任を促すポスターが・・・・。写真を撮り忘れてしまいましたが、内容的には、上の写真同様、

  • 搭乗手続きは、フライト出発時刻の45分前に済ませること
  • 出発時間の15分経ってもゲートに起こし頂けない場合は、飛行機はあなたを待たずして出発します(← 確かこんな内容だったと思います)

ひょえーーー!ここにも。リラックスできるトイレ空間のはずが、また緊張感を感じてしまいました。

普段、日本のTOO MUCHな程のアナウンスに慣れてしまっているので、緊張感をたっぷり感じてしまいましたが、たくさんの人が行き交いながらも、シーンと静まり返っているドバイの空港は、なんか、私たちが「大人」扱いされている空港だなと思ってしまいました。

”Silent airport project” in 2010

どうやら、この 「Silent airport」。2010年に始まったプロジェクトのようで、今ではとても高評価を得ているとか。もちろん、耳からの情報を必要とする方々もいるので、掲示板のアナウンスを充実させるだけでは無くて、「May I help you」スタッフを多く常駐させているとのことです。

ご興味ある方は、英語になりますが、こちらのリンクを参照ください。

過剰な程の情報提供をしてくれる日本の鉄道や空港でも、取り入れてみては良いプロジェクトなのではないのかな?と思いました。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)