(東京・青山ファーマーズマーケットランチ)「米汁菜」(コメシルナ)さん。いつも激混みなのに、猛暑日に穴場であること発見!しました。

2018年6月30日 土曜日

今週のファーマーズマーケットランチは、久々の「米汁菜」さん。あの狭いキッチンカー内に、なんと、「カマド」をビルトインしてしまうこだわりの店主。美味しそうなローストポークが店先にぶら下がっているのが特徴。

メニューはこちら。セットメニューもあるし・・・

単品対応もあります。

さらに嬉しいのは、ローストポークの持ち帰りもできるので、ファーマーズマーケットで働く私たちには、嬉しい。疲れた日には、ご飯だけ準備して、ローストポーク丼が、自宅で気軽に楽しめます。

この日私が選んだのは、こちらの「おむすびセット」(740円)。

ピータン?というぐらいに、お醤油が染み込んでいる「炭あぶり半タマゴ」がマジ美味しい!

米、肉、卵へのこだわりは当然ながら、塩、醤油といったこだわりが半端ナイです。

さらなるこだわりは「カマド食堂車」というだけだって、車内に、なんとカマド!があるそうです。そうあの「始めチョロチョロ、中パッパ。赤子が泣いてもふた取るな」というあのカマドです!!

ということで、車内は見るからに狭そうです。なので、他のキッチンカーと違って、注文する場所と支払いをする場所が違うので、ご注意下さい。

まずは、ローストポークのぶら下がっている箇所で、注文用紙に記入し、店主に渡します。

注文票は右側にあります。


炙るのに5〜10分弱かかるので、お急ぎの時はあまり向きません。今日は、時間に余裕があるぞという時に立ち寄ったほうが良いかもしれません。そろそろ出来上がったかな?というころに、キッチンカーのドア側に移動し、支払いをします。こちらです。


猛暑日の日に穴場な、「米汁菜(コメシルナ)」さん!味の染みた煮卵食べて、元気出していきましょー!

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)