(ファーマーズマーケット英語)「100グラム200円です」って英語で何て言うの?

私が週課としている東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポート。
大好きな八百屋さん「Bugrass Farmers」では、野菜を量り売りしてます。
よく海外のスーパーマーケットに行くと、ポップでこんな表記を見かけると思います。

そう、この「$2.50/KG」はたして、英語で伝えたい時、何て言いましょう?

とある日のマルシェでの一幕

お客さま

I would like to get lemons….how much is it?

(レモン欲しいんだけど・・・・。いくらかな?)

みぽりん
はい。100グラム200円になります

「100グラム 200円て何て言うの?」

まずは発想転換Englishをして・・・・。

「100グラム = 200円」なんだから、そのまま表現してしまいましょう。こんな感じ。

みぽりん
100gs equal 200yen (100グラム イコール 200円です)

日本語英語で、すでに「イコール」とあるので、割と発想として出やすいのかな?と思いました。いやいや、とっさにそんな単語出ない!ということであれば、誰もが知っているbe動詞に置き換えて、

みぽりん
100gs are 200yen (100グラムで200円です)

えーーーい。それも無理という場合は、得意のボティランゲージ!で、目の前で量ってみせて、

みぽりん
This is 200yen. (これで200円!)

というと、ほー、重さによって値段が変わるのね。ということお見せすれば良いと思います。

もうちょっと、スマートに言ってみたい!ということであれば、簡単に実は言えてしまうのです。こんな感じです。

みぽりん
200yen per 100grams (100グラムあたり200円です)

気をつけなくてはいけないのが、「グラム当たり〇〇円」という表現になるので、日本語訳と順番がひっくり返るので、そこだけ注意してくださいね。

「per」(発音 パー)「〜当たり」という意味。一回覚えておくと、応用できるので、ぜひ覚えておきたい単語ですね。

さて、今週末はどんな学びがあるかな?
英語って面白い♫野菜って美味しい♫マルシェ大好き❤

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)