たけのこのようなとがったキャベツは、すりおろすのに便利だから、ドイツでは好まれる形なんだそうです。

  • ブックマーク
  • Feedly

2018年5月12日の青山ファーマーズマーケット(東京・青山)。私が販売サポートをしている八百屋さん、「Bugrass Farmers 」にこんな変わった形のキャベツが入ってきました。

「みさきキャベツ」という品種のキャベツ。英語名だと「Pointed Cabbage(とがったキャベツ)」と呼ばれているようです。

ドイツでは好まれるキャベツの形なんだそうです。

ドイツにパン修行中で、一時帰国していたKちゃんが、「わー、ドイツでよく見かけるキャベツだ!ザワークラウトを作る時にすりおろしやすいから、ドイツでは好まれて使われるんだよー」と教えてくれました。

Googleってみたところ、確かに、尖ってますね〜。

(写真はこちらから引用させて頂きました)

シュッとした頭のところが、持ち手として持ちやすそうですね。スライサーでスライスしやすく品種改良したという説もあるようです。

葉が柔らかく、甘みがあるのが特徴。スープや、炒め物にも向くようです。ということで、半分はスープで使ってみて、もう半分は、シュッとした頭を持って、スライサーでスライスしてみて、「ザワークラウト」を作ってみるのも良いかもですね。

あ!でも、糠があったから、「日本版ザワークラウト」でぬか漬けにしちゃおうかな? (笑)

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系メーカーで働くごく普通の会社員/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2019年実績:ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/旅する会社員(2019年7カ国を旅行)