DeepL翻訳 無料で使える翻訳ツール Google翻訳と比較してみた!

  • ブックマーク
  • Feedly

「英語ができない!でも、約1.8億人の市場で海外取引ができる」を応援する!eBayで使える英語を教えるコーチ・みぽりんです。

eBay取引で欠かせないツールの1つが翻訳ツール。

今日は、最近私が、気に入って使っている翻訳ツール・DeepL翻訳のクオリティの良さについて、シェアしたいと思います。

翻訳ツールをお探しの方向けの記事になります。

今日のブログの対象は、

・eBay取引する時に使う翻訳ツールで、もっと自然な訳をしてくれるツールってないかな?とお探しの方

・英語だけではなく、他の言語で情報を得たい時に、クオリティの高い翻訳をしてくれる無料ツールってないかな?とお探しの方

向けの記事になります。

翻訳ツールはGoogle翻訳だけではありません!

翻訳ツールというと、ついつい思いつくのが「Google翻訳」ですよね。私もつい最近まで、Google翻訳を使ってました。

ただ、実際に使ってみると、日々AIが勉強してクオリティが高くなっているとは言え、なんだかまだ、機械的な翻訳よね・・・と思わせることってありませんか?

ちなみに、2021年の今は、AIがめちゃ賢くなっているけど、かつてこんなに、オモロイ翻訳をしていたようです。

例えば・・・

ありがたき幸せ  →  Arigataki Happiness(部分的翻訳 笑)

よりどりみどり → Yoridori green (←これも部分的翻訳!笑)

今に見てろ → Mitero now! (←笑い狙ってる?笑)

(参考データはこちら

でもこれらは、6年以上も前のデータなので、今ではGoogleも学習をして、すっかりお利口になってます。

上の誤訳もいまでは、

ありがたき幸せ → Thank you happiness (お!進歩してる!)

よりどりみどり → Yoridorimidori (お!翻訳を諦めるという英断をしたらしい)

今に見てろ → Look now (素晴らしい!)

まあ、日本の例文もどうかな・・・というところはあるのですが、私が気に入って使っているDeepL翻訳の結果を見てみたいと思います。

ありがたき幸せ → Thankfulness

よりどりみどり → having one’s choice

今に見てろ → You’ll see. (←すごく良い訳と思います)

と、極端な日本語の翻訳を例に挙げましたが、個人的にDeepL翻訳のクオリティの高さを感じてます。

eBay取引で使うシーンで比較してみたいと思います。

ではもっと実践的に、eBay取引で使うシーンで比較をしてみたいと思います。

私が翻訳を使うのは、出品する商品の詳細情報を記載する時です。ここです⬇︎

こら!あんた、英語のコーチって言ってるのに、翻訳ツール使っとんのかい!とツッこまれそうですが、副業でeBayをしていると、出品は時間との勝負になるので、時短できるところがあるなら、大いにそのツールを利用します。

例えばこんな感じ。

メルカリに出品されてあるRoland社のサンプラー。

メルカリ出品者からこんなコメントがついてます。

ローランド サンプラー SP-404SX 用、

『カスタムスキン・パネル』と、『カスタム•ノブ×4ヶ』になります。

“Black × Gold” のノブ (つまみ) とパネルスキンに、カスタム出来ます。

違うカスタムに変えたので、出品します。

※ “スキンシール” は、剥がせます。

※  画像3,4は、本体に取付けた際のイメージです。( 本体は出品に含まれません。)

(引用元:メルカリ)

例え英語ができます!と言っても、専門用語が入ると、ハレホレハー(汗)となる私。

なので、大いに他力本願をします。

まずは、Google翻訳が翻訳すると、

For Roland Sampler SP-404SX,

“Custom skin panel” and it will be “Custom Knob x 4”.

With the “Black × Gold” knob (knob)

You can customize the panel skin.

I changed it to a different custom, so I will sell it.

* The “skin sticker” can be peeled off.

* Images 3 and 4 are images when attached to the main body. (The main body is not included in the listing.)

次にDeepL翻訳が翻訳すると、

Custom Skin Panel for Roland Sampler SP-404SX

Custom Skin Panel” and Custom Skin Panel” and “Custom Knobs x 4”.

“Black and Gold” knobs and panel skin.

The panel skin can be customized.

I’m selling it because I changed it to a different custom.

The “skin stickers” can be removed.

You can remove the “skin sticker” from the product.

3 and 4 are images of the product when installed on the main unit. The main body is not included in this listing.

なかなか、軍配を上げるのに難しい五分五分の出来のように思えます。

が、かろうじて、緑色のハイライト箇所を比較すると、私個人的には、DeepLの翻訳の方が、より自然な感じに思えます。

今度は、実際にアメリカ人から送られてきた英文メールを日本語訳にしてみることにしました。

(原文)

Hello! I am wondering if you could sell me Japanese pokemon products for my American store. I am willing to buy in bulk if you can acquire enough of it. I’m willing to pay a fair price in hoping to establish a good relationship.

Thank you for your time! Stay safe!

Google翻訳

こんにちは! 

私のアメリカの店で日本のポケモン製品を売ってくれませんか。

十分に手に入れることができれば、まとめて購入したいと思います。

私は良い関係を築くことを望んで公正な代償を払うつもりです。

お時間をいただきありがとうございます! おげんきで!

DeepL翻訳

こんにちは!

私のアメリカの店舗用に、日本のポケモン商品を売っていただけないでしょうか。

あなたが十分な量を入手できるのであれば、私は大量に購入したいと考えています。

私は良い関係を築くことを望んで、公正な価格を支払うことを望んでいます。

お時間をいただきありがとうございました。ご安全に!

この結果も、あえてDeepLの翻訳に軍配があがる箇所をハイライトしましたが、今回の翻訳結果五分五分のような気がします。

こうなると、「より自然な」翻訳は好みの問題?という結論になりそうですね(汗)

私個人的には、DeepL翻訳の方が、より自然な翻訳をしてくれるので、気に入っています。

ところでDeepLって何?

さんざん、DeepLは良い!と紹介していますが、そもそもDeepLって何よ?という疑問があるかと思います。

私も機能としてしってますが、実際に何モノなのかを知らないので、Googleってみました。

てか、検索はやっぱり、Googleよね!(笑)

DeepL翻訳(ディープエルほんやく、: DeepL Translator)は、2017年8月28日にサービスを開始した無償のニューラル機械翻訳サービスで、ドイツケルンに本拠地を置く DeepL GmbH (Linguee英語版)) が開発した。

Google 翻訳よりも精度が高く、微妙なニュアンスのある翻訳ができると肯定的な報道を受けている[6][7]

DeepL は現在、以下の 24言語と 552言語ペアの翻訳を提供している。

ブルガリア語中国語簡体字)、チェコ語デンマーク語オランダ語英語エストニア語フィンランド語フランス語ドイツ語ギリシア語ハンガリー語イタリア語日本語ラトビア語リトアニア語ポーランド語ポルトガル語ブラジルポルトガル語ルーマニア語ロシア語スロバキア語スロベニア語スペイン語スウェーデン語[5]

(引用元:ウィキペディア)

ウィキペディアにも記載がありますよね!「Google翻訳よりも精度が高く・・・」って。

ということで、私がDeepLが好きな理由は、

  • Google翻訳よりも精度が高いと個人的に感じる
  • 多言語対応

になります。

ヨーロッパのバイヤーさんは、かなりの確率で、スペイン語やドイツ語で問合せをしてくるので、DeepL翻訳には、今まで何度もお世話になってます。

DeepLをこんな時に使ってます

ということで、eBayでは、私は

  • 商品のDescription(描写)
  • 英語以外の外国語での問合せ対応

をする際に、このDeepLを使用しています。

まとめ

現在、無料翻訳ツールの主流は、

Google翻訳

DeepL翻訳

と、この2点のようです。

共に無料で、利用できる文字数は5,000文字となっていますが、対応言語が、

Google翻訳:108か国語

DeepL翻訳:24か国語

と、「さすが!Google先生!」対応言語めちゃ多いですね。

といっても、eBayで取引していて必要になる言語はヨーロッパの国のドイツ語、フランス語、スペイン語となるので、よっぽどアフリカの奥地に販売していな限り、24か国語のDeepL翻訳でも十分対応可能です。

使い方も、Google翻訳もDeepL翻訳も共に簡単。

翻訳したい文章をコピペするだけ!

Google翻訳

DeepL翻訳

個人的にはDeepL翻訳押し!ではありますが、上の例の英語→日本語の翻訳を見ると、100%DeepL翻訳に軍配が上がったわけではないので、お好みで利用するのが良いのかなと思ってます。

また、時々、Google翻訳とDeepL翻訳の対決をして、精度を比較してみるのも面白いかもしれませんね。

お互いに切磋琢磨して、それぞれの翻訳精度が高くなれば、使うユーザーとしてはありがたいことですものね。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

eBayで日本のオモシロイ!を世界に伝えたい!

メルマガ登録はこちら

無料メルマガです!eBay英語がわかります!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

外資系勤務20年。英語でやりとりした外国人の数、延べ2,000人以上。

その経験を活かして、「英語ができない!でも、約1.8億人の市場で海外取引ができる」を応援する!eBay英語コンサルタントを始めました。

2021年からは、本格的に、ブログやメルマガを通して、eBayで使える
英語の情報発信をしていきたいと思います。