立花岳志さん主催「立花Be・ブログ・ブランディング塾」4回目 – 失敗は「絶賛、自己成長中」に大いに励まされた回でした

2019年6月23日、立さん こと 立花岳志さん主催「立花Be・ブログ・ブランディング塾」(第4講)を受講しました。立さんのブログ塾は、

  • BE (心の在り方)
  • BLOG (ブログ)
  • BRANDING (ブランディング)

の3つのパートで構成されています。

Be(心の在り方) ー 「稼げるわけがない」という自己否定のビリーフをクリアリングしよう

会社員時代の5倍を現在稼いでいる立さんに

自分の価値を上げて、どんどん稼ぎましょう!

と、前のめりに言われても、私たちはこう思うでしょう。

いやいや、自分が稼げる額は今が最高額で、これ以上増やすことなんてできっこないですよ・・・
いやいや、こんな私なんかが、自分の力で、そんなに稼げるないですよ・・・・
いやいや、私は立さんとは違うんで・・・・無理っすよ・・・・

挙げるとキリが無い、自分をおとしめる自己否定のビリーフ。まずは、これを徹底的にクリーニング/クリアリングすること。なぜなら、

受け取れるお金の価値 = 自分の価値

だから。自分の価値を自分で下げてしまっては、受け取れるお金の価値も下がってしまいます。自分の価値を上げるためにも、お金を使って、世の中に回すこと。この原理、大いに納得。

お金は天下の回りモノ

とは言ったもの。

私がお金を支払った時は、他の人がその価値を受けている
他の人がお金を払った時は、私がその価値を受けている

そう、決して誰も「」はしていない。

ならば、自分の価値を高めるために、自分の価値を高めてくれると思うものには、惜しみなくお金を使うこと。

支出ファースト

きゃー、怖いですね・・・。入ってくる収入を真っ先に考えたいところなのに・・・・。でもやってみる価値あると思います。

実は私、最近ハマっている歌舞伎。9月に、私の歌舞伎の師匠一押しの、いっ、いっ、1等席で鑑賞することにしました。なんか冷や汗ものですが・・・。歌舞伎界の方が喜んで受け取ってくれるならば、感謝をして支払うことにしましょう。

そして、今まで、幕見席から見ていた景色とは、どう違うのかを楽しみたいと思います。

BRANDING (ブランディング)ー マーケットはいつも正しい

なんか、これは勝間和代さん著「起きていることはすべて正しい 」を思い起させます。

マーケットと自分の価値がぴったりと合う時が「売れる」時。

その判断をするには「自己客観力」を鍛えよう。思い込みだったり、自分勝手、自己満足を防ぎ、「自己評価」と「他者評価」が一致する自己を目指そう。

辿り着くまで、数限りない「失敗」をするかもしれない。

でも立さん曰く、

失敗は「絶賛、自己成長中」の証

とのこと。だから、大いに、失敗しちゃいましょう!とのこと。なんかとても、とても勇気が沸きました。

「プロフェッショナル論」を自分に問う

あなたはプロフェッショナルですか?

と問われたら、「えへへ・・・・アマチュアです」と苦笑いして答えてしまいそう。

立さんが定義するプロとは

受け身にならずに結果を出すことを目的とすること

つまりできるように求め、吸収し、咀嚼するのがプロとのこと。

何もプロだからとて「完璧」である必要とは無い。ただ、完璧にしようと努力している姿勢を見せることが大事とか。

まだまだ「プロ」に程遠い自分ですが、足りない部分を積極的に補えるように、「取り」に行こうと思います。

BLOG (ブログ)ー 100万円 x 1個のビジネスを作るのではなく、5万円x20個のビジネスを作ろう

とにもかくにも「ブログで稼ごう」と。ということで、すぐにでも始められる2つの手段として

①アフィリエイト
②Google Adsense

を紹介してもらいました。が!これらの手段で稼ぐことを薦めている訳ではありません。

最終的には、自分自身をブランディングして、自分のサービスや商品を、ブログを通じて、販売していくこと。

100万円 x 1個のビジネスを作るのではなく、5万円x20個のビジネスを作ろう

これが、立さんが「\ (スラッシャー)」であるゆえん。ちなみに立さんのプロフィールはこんな感じ。

作家/ブロガー/心理カウンセラー/コンサルタント/イベントプロデューサー/歌手/株式会社ツナゲル代表取締役社長兼C.E.O.など、複数の職業を持ち多面的に活動するスラッシャー。

No Second Lifeより引用)

20個もビジネスがあったら、たとえ1個や2個こけたところで大したことがない。他の18個がある!多角化しつつ、それぞれを育てていこう。

なんか、これ、会社員である私にはとても心強いアドバイス。会社員をしながらも、副業を小さく始めて、成功体験を1つ1つ積み上げていく。

その暁で、時期が来たら独立するというプランだったら、「怖さ」が和らぐ。

そう、とにかく、自分の名前でコツコツ「稼ぐ」ことをしていこうと、強く思いました。

まとめ

5回シリーズのクライマックスに差し掛かってきた「立花B塾」。

とにかく、会社員をしつつも「副業」をまずは1つでも始めて「稼ぐ」体験を積んでいこうと強く思っている今日この頃です。

実は2018年1月に既にAirbnbを札幌で始めているのですが、「利益」を出すことの難しさを実体験として感じています。時間的制約があるので、なかなか自分でできることは限られているけれども、

  • 案内文をアップデートしよう
  • Airbnbの物件までのアクセス情報をアップデートしよう
  • 室内の清潔度をもっとあげよう
  • 最低価格ラインを自分で設定するようにしよう

などなどアイデアはいろいろ沸いてきます。

依然として綱渡りな経営が続いていますが、会社で働いてだけでは感じなれない感覚を体験できてます。

今月の最終回に向けて、更に自分のスラッシャー(\)をどんどん増やしていきたいと思います。

失敗は「絶賛、自己成長中」。会社員時代に、大いに、失敗して、「脱会社員」目指すぞー!

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)