2年ぶりの上海出張。ほとんど財布を持ち歩かなくなった中国人にビックリ。見渡す限り「We chat pay」や「Alipay」のQRコードで支払いをしていました。

2年ぶりの上海に出張に行ってきました。相変わらず天気は、大気汚染の影響か、「どんより」していました。が、なにより驚いたのは、中国人がほとんど財布を持ち歩かなくなったことに驚きました。

お客とのやりとりも「We chatよ!」

全社的にメールは「Outlook」を使っているのですが、中国では営業もお客さんとのやりとりは「全て」We chatで行うとか。日本で言うと、お客様とも「LINE」でやりとりするような感じです。理由は

だってその方が早いんだもん

とのこと・・・・。

そうか・・・、同僚や友達、家族だけでのやりとりに使用している私は遅れているのね。お客様とも「LINE」でやりとりし、時には「スタンプ」なんかを交えてやりとりするのか(笑)・・・・。時代が進んでおるの・・・と感じる自分が少し遅れた人に感じてしまいました。

支払いは全てQRコード!

それでけではなくすごいのが、支払いが全て「We chat pay」や「Alipay」のQRコード。なので、財布を持ち歩かないとか。上海事務所の中国人スタッフが来日し、顧客訪問を一緒にしました。来日してすぐのランチ。一緒にランチに行ったら、ついつい、スマフォだけ持って外に出て来てしまい、

あれ?We chat pay使えないの?

と言われる有様。「お財布持ってこなかったー」というより、上海では「紙幣」を使う機会がなくなったから、ほとんど財布を持ち歩くなったとか。

中国人同僚曰く、「中国人は安いのが好き!」。We chat payで支払うとディスカウントクーポンがもらえるので、使わない手はないらしい。

そう言えば、見渡せば上海では、地下鉄の駅、空港内の免税店、スタバ・・・どこ行ってもスマフォ片手で、QRコードで決済をしている。

なんか、紙幣やクレジットカードを使って、もたもたサインをして決済をしている自分の姿が、またまたひと昔の遅れた姿のように感じてしまった。

上海のQRコード決済事情がものすごいスピードで動いているということを肌で感じました。

「Alipay」どこで使えますか?

さらにその中国人同僚。今度は日本に来て「ビックカメラ」に行きたいという。子供のお土産でおもちゃを買いたいらしい・・・。

目の前にヨドバシがあるじゃない!と思ったが、「Alipay」を日本で使える店として「ビックカメラ」を探していたらしい。ご存知の通り、アリペイは、アリババが運営するスマフォ決済。ビックカメラで「Alipay」で決済すると、We chat pay同様、ディスカウントがもらえるかららしい。

ちょっと前に耳慣れてきた「銀聯」カード。それ以外に今は、「We chat pay」と「Alipay」が主流のようですね。

そういえば、先日、民泊の視察に行った札幌で、ふらっと入ったラーメン屋さんでも、ふつーーーに、AlipayとWe chat payを導入してましたね。

中国からの観光客が多い札幌は対応が早いんですね。

なんか「日本、ちょっと遅れてる?」を感じてしまった旅となりました。

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年参加予定:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2018年は5カ国を旅しました)

よろしかったら、ご登録お願いします。

follow