「熱量を感じる」ってこういうことなの?をちょっと実感しています

最近、自分の中で「熱量」って、こういうことなのかな?を実感しています。

そもそも、熱量って何よ?ですよね。

パッションというと、なんかギラギラしてて、うっとうしい感じであまり好きな表現ではないけど、「あの人、熱量あるよね〜」っていう表現、結構好きです。私がこの人「熱量あるよねー」と最近思う方は、SNS上で頻繁にお見かけする箕輪厚介さん。彼の情報発信力を見てると、「熱量あるよね・・・」と思ってしまう。

勝手に定義するならば・・・・

情熱的?というより、「自分が面白いと思うことにとても貪欲」という感じでしょうか。さらにそれが他の人を喜ばせられるとあれば、なおのこと燃えるのでしょうね。

会社組織の中で、程度の差はあれ「熱量」を感じたこと、私もかつてはあったけど、今の私は、会社外での活動の方でより「熱量」を感じて行動しているように思えます。

最近は、外国人向けのインバウンドイベントに携わらせてもらって、自分の「熱量」をちょっと感じられるようになりました。また、そのイベントを通して仲良くなった梅ちゃんこと梅村さんから、私の「強み」の客観的な意見を聞いて、背中を押してもらって、より一層次に進む勇気をもらえたような気がします。

できるかどうかわかんないけど「やってみたい!」と発信する勇気。

できるかどうかわかんないけど、「とにかくやってみる!」勇気。

そして最後に「楽しんじゃう」勇気。

ほんのちょっと前進している自分をちょっと好きになっている今日この頃です。

みぽりん
いいぞー、私!

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

美保 凛(みぽりん)

米系企業で働く現役会社員/でも週末起業を目指している会社員でもあります/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/住宅宿泊事業者(平たく言うと民泊やってます!)/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2018年実績:横浜シティマラソン)(2019年実績:東京シティマラソン、ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/リーマントラベラー(サラリーマンとして働きながら、土日祝に数日の有給をつけて弾丸旅行をすること。2019年5月末時点で4カ国を旅しました)