「お元気ですか?」ってビジネス英語でどういうの?

  • ブックマーク
  • Feedly

私は外資系企業に勤める現役会社員です。日々、アメリカ、上海、オーストラリアにいる同僚とメールのやりとりをします。まさしく、「リアルなビジネス英語」に触れています。

そんな私が、「ほー!面白い!」「これは使える!」「こんな表現するんだ!」と日々思った表現をシェアしてみたいと思います。

仕事で英語は使うものの、日々使う表現がマンネリしてきたな〜という方や、Google翻訳を利用しながら、英文メール作成に格闘している方のお役に立てれば嬉しいです。

今日の学びはこちら。

みぽりん

 “Hope this mail finds you well.”(お元気でお過ごしでしょうか)

主語はもちろん、I (私)ですが、よくビジネス英語では、Iが省略されて、いきなり動詞で始まったりします。

本来であれば

I hope this mail finds you well.

となります。

直訳と意訳はこんな感じです。

直訳:このメールであなたが元気であることを確認できるといいな。

意訳:元気でお過ごしでしょうか。

どんな時に使えるの?

今までのメールのやりとりを見てみましたが、半年ぶりや1年ぶりとか、久々にメールのやりとりする時の、最初の挨拶文に使われることが多いようです。

先日、同僚のJohnが久々にメールを送ってきてくれた冒頭の挨拶がこの文章でした。

他にどんな表現があるの?

“Hope this mail finds you well”と似た表現として、

I hope you are doing well.
I hope you are fine.

そして、冒頭のIをそれぞれ省略して、

Hope you are doing well.
Hope you are fine.

などが使われます。

過去に受信した同僚とのメールのやりとりからも、やはりこの表現は「久しぶり」にメールをやりとりする人同士で使われる表現で、日々頻繁にやりとりしている人同士では使われませんので、ご注意下さい。

日々頻繁にメールをやりとりしている人同士では「Hi ●●」の後に、挨拶文をすっ飛ばして、すぐに要件の文章が始まることが多いです。

まとめ

年末年始の挨拶をする季節になりました。「あ!そういえば久々に連絡してみようかな」と思った相手に、メールを送付する際の冒頭の挨拶に、ぜひ使ってみて下さい。

では、良い1日をお過ごし下さい!
Have a lovely day!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

美保 凛(みぽりん)

米系メーカーで働くごく普通の会社員/DMM英会話なんてuKnow?アンカー/野菜ソムリエプロ/東京・青山ファーマーズマーケットでの販売サポーター/スポーツボランティア(2019年実績:ラグビーワールドカップ2019日本大会)(2020年参加予定:東京オリンピック)/旅する会社員(2019年7カ国を旅行)